Wednesday, January 2, 2013

SURAJ-THE RISING STAR

明けましておめでとうございます!今年もスローペースながら更新していきますので、どうぞ皆様引き続きよろしくお願いします。

新年第一弾は年末に下書きしておいたこんな話題。

私はNHKのニュース以外のテレビ番組を滅多に見ない。欲しくもない情報を一方的に見せつけてくる感じがたまらなく苦手なのだ。しかし、人と一緒にいるとそうわがままも言えない。
先日もそうだった。人の見ているテレビを仕方なく見ていたのだ。そして、かなり興味深いアニメの存在を知ってしまった。
それが『SURAJ-THE RISING STAR』である。

私と同じ番組を見た方ならもうご存知だと思うが、なんとこれ、あの『巨人の星』をインド向けにリメイクした作品なのである。放送しているのももちろんインド。ひょっとしたら日本上陸もあるかもしれないとのこと。だが、とてもじゃないけれど上陸するまで待ってなどいられない。こんな時に頼りになるのがYouTubeだ。

あ、動画の前に登場人物の紹介から。

インド版だと飛雄馬はこうなる。主人公Surajはこれでも十二歳。老け過ぎだ。



一徹はShyamというなかなかインド人らしいおっさんになっている。三十九歳。



ちゃんとちゃぶ台(テーブル)も返します。


花形満はアメコミヒーローっぽい。あの髪型まではさすがに再現されなかったか。名前はVikramで、年は十三歳。やっぱり老けている。



明子姉ちゃん(画像右側)はディズニー映画のヒロインのよう。ジャスミン姫っぽい。





もしかしてこれは伴宙太か?だとしたらこの人に限ってはけっこう忠実に似せているな。



動画も伴っぽい人から始まる。




これは紹介程度のショートバージョンだが、You Tubeにはインドで放送されたアニメそのものがアップされている。とことん昭和なストーリーがなかなか面白い。

しかし、カースト制度の名残が根深いインドでは、明子姉ちゃんと花形の結婚には様々な困難が伴いそうなのだが。現在は法的には問題ないとはいうけれど、そこのところがやっぱり気がかりである。

やっぱり今後も続きを見る必要があるなあ。




4 comments:

  1. 明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします!

    ReplyDelete
  2. 今、森美術館でやってる会田誠展オススメです!
    クラブのMILKを再現した腸の部屋なんかは
    絶対好きになると思います(*´∀`*)

    ReplyDelete
  3. さりげないようでわざとらしい日本ブランド登場が洟につくなあ。
    花形役ならレクサスLFAのような。

    ReplyDelete