Monday, December 2, 2013

撮影会

寒い中の撮影会、お疲れさまでした。

今回を持ちまして、撮影会は一旦お休みさせていただくことになりました。いつかまた開催することがあるかは今のところ未定です。

今後は銀座遊里でお会いできるのを楽しみにしています。
http://ginzayuuri.com/

本当にありがとうございました。



Sunday, November 17, 2013

またもや

撮影会の告知です。
11月30日(土)におなじみのエリア66さんで撮影会があります!

詳細はスタジオのホームページでご確認ください。
http://area66.jp/user/top/

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

なお、携帯電話(スマートフォンを含む)からですと、予約がうまく取れない場合があるとの意見がありました。
PCからご予約いただけると確実かと思います。
お手数ですが宜しくお願いします。



Thursday, October 31, 2013

先日の

撮影会に参加してくださった皆様、いつも本当にありがとうございます!
差し入れも感謝です。

おかげさまで、エリア66も来月で一周年を迎えます。これからも一緒に盛り上げていきましょう。

風邪が大流行中らしいので、どうぞお気をつけくださいませ。


-- iPhoneから送信

Thursday, October 17, 2013

撮影会のお知らせ

今月27日、おなじみのエリア66さんでの撮影会があります。
皆様宜しければご参加ください!
詳しくはこちらから。
http://www.area66.jp/

ニューヨーク写真は徐々に編集中ですのでしばしお待ちを。




-- iPhoneから送信

Wednesday, September 25, 2013

23日の

撮影会に参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。今回はご新規の方が多くて新鮮な撮影ができました。
また来月も開催予定ですので、よろしければエリア66のホームページをチェックしてみてください。

私はしばらく旅行に出かけてまいります。またこちらやTwitterで報告しますのでどうぞ宜しくお願いします!


-- iPhoneから送信

Sunday, September 15, 2013

今月の撮影会情報

9月23日の祝日の月曜日、またまたエリア66で撮影会が決定しました。いつもと同じ九部制になると思います。詳細、お申し込みははこちらから。

実は撮影会のすぐあとニューヨークに出発するので、詳しい方、情報をお持ちの方、大歓迎です。もちろんそうでない方も大歓迎です。

映画『上海バンスキング』の陽気な音楽を聴きながら書いているので、妙に機嫌のいい私でした。失礼しました。

皆様の御参加、心よりお待ちしております!!



Tuesday, August 27, 2013

撮影会に参加してくださった皆様、貴重なお休みにお時間を割いていただき本当にありがとうございました。プレゼントもいろいろいただきました!

また九月末にも開催を予定していますので、そちらのほうもよろしくお願いします。

たまには他の内容でも更新しますので、もう少々お待ちください。









あとは図書カードをいただいたのですが、なぜか写真がアップできませんでした。すみません!

Sunday, August 18, 2013

撮影会

またかと思われそうですが、撮影会の告知です。

8月25日、エリア66さんで開催されます。

ご予約はこちらから!

夏の思い出作りにぜひとも御参加ください!皆様にお会いできるのを楽しみにしております。



いつもいつも同じ内容で申し訳ありません。

Sunday, August 4, 2013

撮影会に参加してくださった皆様、いつも本当にありがとうございます!

差し入れもいろいろいただいてしまって。

面白い靴下。どんな人がデザインしたのか不思議でたまりません。こういうの、嫌いじゃないです。




食べ物。地方色豊かなので勉強になります。


本、うちわ、CD。



花束の苦手なわたしをもうならせた、ずいぶんと洒落た花。香りがハーブ系でなおよかった。




そして……




やっぱり嬉しい図書カード!これはいついただいても本当にテンション上がります。


暑い中おつかれさまでした。また今月も開催予定ですので、そちらのほうもどうぞよろしくお願いします。

Tuesday, July 16, 2013

撮影会の告知、それから関係のない話。

7月28日(日)にエリア66さんで撮影会があります。
残りわずからしいので、気になるかたはこちらから早めに申し込むことをお勧めします。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

あ、ちなみに以下の画像は撮影会にはまったく無関係なのですが、このバッグがあまりにも好みだったので無理やり載せてみました。

こういう、持ち手の長いシンプルなかごバッグって案外売っていないのよね。

撮影会までには入手して、これでスタジオへ向かいたいものだ。



Friday, June 28, 2013

先日の撮影会に参加していただいた皆さま、悪天候の中足を運んでいただき本当にありがとうございました。
差し入れもいろいろいただいてしまいまして。

PCの調子が悪く写真を載せられなくて申し訳ありません。

来月も開催予定ですので、興味のある方はぜひエリア66さんのホームページをチェックしてみてください。

Thursday, June 13, 2013

撮影会のお知らせ。

もういい加減にしてくれって思われそうですが、我慢してくださいな。

6月23日の日曜日に、おなじみのエリア66さんで撮影会があります。

今回は7部制なので、ご予約されるなら早いほうがいいと思います。もうほぼ満枠でした。

ご予約はこちらの公式HPから!

キャンセルなどが出る場合もありますので、こまめにチェックしてみてください。




Andrea Garland


久しぶりの更新ですみません。最近めっきり興奮することが減ったので、ブログを更新するようなテンションになれずにいました。冷静でいたらブログなんてみっともなくて書けませんよ。文章って、特に個人的なものの場合はある程度頭が変な状態でないと書きづらいものなのかもしれない。

だけど、今日は珍しく興奮しました。これの存在を叫びたい!と思う商品に出会ってしまったからだ。

Andrea Garlandを知ったのは、ふとしたことからたどり着いたイギリス人女性のブログだった。

そこで紹介されていた美しいリップバームに、月並みな表現だがわたしは一目惚れしてしまった。

ヴィンテージのピルケースのようなルックス、ナチュラルな成分、そして、日本円にして¥2000ちょっとという案外良心的な価格に。

日本でもコンランショップなどで取り扱いがあるようなのだけれど、買いにいくのも面倒だし、種類も少ないだろうと思って、本国より取り寄せることになった。

Andrea Garlandはロンドン在住のアロマテラピスト。手作りしたコスメを大好きなヴィンテージの缶に入れてストリートマーケットなどで販売したところ、その可愛さと確かな効果が評判となり、リバティやボンマルシェなどの一流デパートでも取り扱われるようになった。目玉商品はやっぱりリップバームだが、イラストレーターである彼女の夫による
ヘタウマなイラストが添えられたスキンケアも注目を集めている。

購入したのはこの5点。





    






















リップバーム3点と、クリーム、フェイシャルトナー。


リップバームは開けるとこんな感じ。




本当はもっと注文したかった。

Chamomile and Oak Sleeping Beauty Creamと







La Renarde Ringも買えばよかったなあ。微妙に高かったので諦めたのだが、どうしても気になってきた。












どうやらわたしのような日本人はけっこう多いらしく、イギリスの公式サイトは、注文時に日本円を選べるようになっていた(それ以外はポンド、ユーロ、米ドル)。あ、ちなみに海外からのオーダーの場合、20%の税金は免除されます。住所入力画面で国を選ぶと合計金額から税金分が引かれます。送料は日本円で¥1400ほど。何点か買うのなら個人輸入したほうが断然お安く買えるけれど、たとえばリップバームのみの購入なら国内でも¥3150なので、取り扱いショップに行く機会のある人はそっとのほうがいいかもしれない。


大人の女性へちょっとしたプレゼントをするなら、ここのリップバーム以上に最適なものも滅多にない。使い心地はまだわからないけれど、見た目と成分だけでも買う価値はある。



どうでもいいことだが、初めてここのスキンケアラインのイラストを見た時は、辛酸なめ子さんかと思ったわよ。



Tuesday, May 28, 2013

エリア66







撮影会に参加してくださった皆様、暑い中本当にありがとうございました!

来月の23日にもまた同じスタジオさんで開催されますので、どうかそちらのほうもよろしくお願いします。

ブログの更新が滞ってしまい、更新したとしても告知ばかりで申し訳ありません。

いろいろな要因が重なって、精神的な露出癖がなくなってしまったことが原因だと思います。

あらゆる行動に意味を持たせたい年齢に、わたしも差し掛かってきているようです。そして、ブログに意味(実質的な)を持たせることが困難である以上、わずかな時他だとしても、他のことをするためにとっておきたいと思うようになりました。

ということで、わたしの脳内を覗き見したい方は、撮影会に参加してください。


Tuesday, May 14, 2013

またまた告知

いつもいつもすみません。またまた撮影会の告知です。そう長く続くことではないのでどうかお付き合いください。



5月26日(日)に、秋葉原Area66さんでの撮影会が決定しました。


当日のスケジュールは以下の通りです。


  • 1部 10:00~10:4
  • 2部 11:00~11:45
  • 3部 12:00~12:45
  • 4部 13:30~14:15
  • 5部 14:30~15:15
  • 6部 15:30~16:15
  • 7部 16:30~17:15
  • 8部 17:30~18:15
  • 9部 18:30~19:15
  • 10部 19:30~20:15

ご予約はこちらから(十八歳以上の方のみご覧になれます)。皆様の御参加お待ちしております!!

Tuesday, April 30, 2013

撮影会無事終了!







昨日の撮影会に参加してくださった皆様、 せっかくのゴールデンウィークにわざわざお集まりいただき本当にありがとうございました!

いつも私のほうが楽しませてもらっていますよ。

いつもながら差し入れにも感謝しています!

今回は食べ物ではなく実用品が多かったので、ダイエット中の身としては嬉しさ倍増でした。

来月もまたエリア66さんにお邪魔させていただくことになりそうです。

改めて告知致しますのでどうぞよろしくおねがいします!!

Monday, April 22, 2013

『アリ/ザ・グレーテスト』

Twitterでもつぶやいたばかりなのだが、今私はモハメド・アリの伝記映画
『アリ/ザ・グレーテスト』が観たくてとんでもないことになっている。

プロレスファンならご存知の方も多いだろうが、あの猪木のテーマ『炎のファイター』猪木がモハメド・アリと東京で歴史的な試合をした後、アリから猪木に贈られた曲なのだ。
そういえば私もいつかどこかでそんな話を聞いたことがある。梶原漫画を愛する私としては、そのあまりの男臭いエピソードに大興奮したものである。
 
しかし、誰が作曲をしているのかまでは知らなかった。調べてみると、かなりの大物だったことがわかり、思わず「ええっ?あの曲を作った人なの?」と叫んでしないそうなほどだった。

『炎のファイター』は元々、冒頭に登場する『アリ/ザ・グレーテスト』の中の挿入歌として使われていた『ALI BOM-BA-YEというそのままズバリなタイトルの曲である。
最初の方だけはアフリカの民族音楽っぽいかな?





そして、この曲は編曲されエンディング・テーマとしても使われているらしい。

それがこちら。

なぜか直接動画を貼ることができなかった。猪木のテーマと同じ曲とは思えない、哀愁漂うスタンダード・ナンバーになっています。必見!



オープニング曲はWhitney Houstonのカヴァーで有名な『The Greatest love of all』



エンディング、オープニング共に、偉大なギタリストであり、流行歌手でもあったGeorge Bensonが歌っている。

そして、作曲はMichael Masserという人物。彼は後にWhitney Houstonをスターダムに押し上げた名プロデューサーでもある。

彼の王道ではあるけれど、心にすっと入って来るメロディラインは全世界の人を魅了し、日本人ファンの心もがっちり摑んだ。

代表曲はざっとあげただけでもこれだけある。

『Greatest Love Of All』 

『Saving All My Love For You』

『Nothing's gonna change my love for you』

『Miss You Like Crazy』


All At Once

『Theme From Mahogany』

Tonight, I Celebrate My Love

Touch Me In The Morning』


見事に私がカラオケで歌う曲ばかりだ。

猪木のテーマも好きだし、彼の作曲したものって本当に私のツボなんだろうなあ。



とにかく映画を入手しなくては!カラオケに行くのはそれからだ。

しかし、エンディング・テーマだという『I Always Knew I Had It In Me』

が入っている可能性は極めて少ないだろう。

これが一番歌いたいのになあ。


Tuesday, April 9, 2013

不幸な花嫁


去年から進行してきた企画がこの度ようやく形になりました!

4月12日より、フォトグラファー美島菊名さんによる個展『不幸な花嫁』が、アート★アイガさんにて開催されます。生意気ながらも私がモデルを務めさせていただきました。

出来上がった作品を見てびっくり!まるで自分でないみたいに素敵に仕上がっております!







Kikuna Mishima Solo Show「不幸な花嫁」

会期 2013.4.12(金)-5.4(土・祝) PM 13:00-19:00
休廊日 日・月 ※5.3(金・祝)open
会場:現代美術企画画廊 アート★アイガ

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-22-9 宮地ビル2F 
TEL/FAX 050-3130-1316 

地下鉄日比谷線八丁堀駅 
【A5】出口 徒歩1分 JR京葉線八丁堀駅 
【B1】出口 徒歩4分 JR東京駅 八重洲中央口から徒歩13分 13:00-19:00  
休廊 日・月
http://www.artaiga.com/

ぜひぜひお越し下さい!

ちなみにこの『不幸な花嫁』はiPhone・iPadアプリ「ブックシェア」にて2013年4月配信開始予定です。

そちらのほうも合わせてチェックしてみてください!


Monday, April 8, 2013

Wish List リラックスタイム編

引っ越して、インテリアに凝り出してからというもの、とにかく部屋の居心地が良くなってしまい、ますます出歩かなくなってしまった。

部屋着やソックス、キャンドルやアロマオイルなどのリラックスグッズも少しずつ集めている。

何だか「一般的な妙齢の女」っぽいものに凝り出すなんて、やっぱり疲れているのかしら?旅行に行けない分ストレスが溜まっているのだろうな、きっと。

というわけで、欲しいものをメモ代わりにリストアップさせてくださいな。忘れてしまわないために。そして、これを読んだ知人が偶然同じ物を持っていて、おまけに使っていないものだから安く譲ってくれる、なんていうチャンスが転がり込んで来ることに期待をこめて。だってそうじゃないの。以下の物たちはどれも人気商品だから持っている女の子の数はかなりのものだと思う。

あとは、こうやってリストアップしてみると不思議と手に入れた気になるのだ。まあ、気休めに過ぎないのだけれど。


まずは、一昔前に流行った頃は「ケッ、セレブリティ御用達だなんて胡散臭いなあ。絶対買うもんか」と思っていたBAREFOOT DREAMSのルームウェアが欲しくて欲しくて。だけど、偶然手にしてみたらとろけてしまいそう
な柔らかさにすっかり惚れ込んでしまった。



Cozy Chicコレクションのローブが一番気になっているのだけれど







ショールもなかなか捨て難い。




ロングパンツも気になるなあ。



同じようなふかふかの肌触りが売りのカシウェアもやっぱり欲しい。

表参道の直営店でローブブランケットバスマットを見てきたのだが、これらは高すぎて手が出なかった。






せめて靴下でもあればと思い、店員に聞いてみたものの、残念ながら日本未入荷とのこと。



あ、でも楽天で見つけたので余裕ができたら買おう。それまで完売しないでくれよ。





タオルも最高の肌触りだったなあ。

タオルといえば今治タオルのすごいタオルも気になる。

結婚や出産した人はこういうものがいろいろもらえていいなあ。私なんて引っ越したけれどほとんど何もなかったわよ。しょうがないじゃない。友人が少ないんだもの。

そして、キャンドルも揃えていかなくては。

狙っているのはDiptyqueのローズ




ヴィオレット


それから、パルファンロジーヌのゼスト・ド・ローズもまるでレモンティーみたいな香りで嗅いでいるだけで幸せになれる。


しかしこれらをすべて買いそろえたら総額いくらになってしまうだろう。

最高級のベッドのために節約しなくてはならないというのに。

この物欲をいう獣を飼いならすにはいったいどうすればいいのだろう。


Saturday, April 6, 2013

Bella Notte Linens



ここ最近、美しい三十代、四十代の方と接する機会が多いのだが、彼女たちは口を揃えて言う。「若さの秘訣」は良質の睡眠とバランスのいい食生活だと。
私もそろそろ肌の衰えが気になりはじめるお年頃だ。参考にさせていただかなくては。

食生活を改善するのは不可能だ。揚げ物、ジャンクフード、スナック菓子、コンビニ弁当、塩辛いつまみ、私の体はそれらのものから作られている。
辛く、しょっぱく、こくがあり、脂ぎったものを食べることができないなら、それこそ私はしわしわに老け込んでしまうことだろう。

そんなわけで、睡眠をどうにかするのが最もストレスのかからない方法だという結論に至った。が、ストレスはかからなくても、金は果てしなくかかるのだ。

まずは寝心地のいいベッドがいる。これは一応狙っているものがあるのだが、安い車が買えてしまう値段なので今すぐどうこうするわけにはいかない。せめてベッドリネンだけでも質のいいものにしよう。そう決心した。これまで使っていた激安の殿堂で買ったものは雑巾に格下げして、見るからに気持ちの良さそうなリネンをオーダーした。

それが画像のBella Notte Linensの商品たちだ。海外のネットショップでしょちゅう見かけるのでずっと気になっていたのだ。

それにしても、なんという美しさだろう!

たっぷりとした贅沢な布地、程よいくたっと感。こんなのに包まれて眠ったらいい夢が見られそうだ。

値段もそれなりだけれど将来のための投資だ。そんな風に言い訳して、少しずつ買い揃ええよう。私のように根暗な人間は休日のほとんどを自分の家で過ごすのだから、インテリアにお金をかけるのは間違った考えではないと思うんだ。