Monday, June 25, 2012

セルフ・ブリーチ

左でも右でもいい。上でも下でもいい。とにかく、生地の半分(もすくは三分の二)にブリーチがかかっているデニムが欲しかった。


 こんなのとか、








こんなのとか、




こんなのとか、






こんなのとか。






 買ったとしても日本円で四千円しないくらいなので、送料を入れたとしてもたいした値段ではないのだが(ETSYなら送料も格安)、どうも踏ん切りがつかない。
 以前からこういった色味には惹かれていたので、すでにZARAで似たようなものを購入済みではある。が、どうもブリーチ具合が物足りない。もっと大胆に漂白されていないとだめだ。


 よその人はどうしているのだろう?そう思って、いろいろな単語で検索にかけてみたところ、なんと自分で漂白している人が多いとのことだった。


 デニムのセルフ漂白なんて、貧乏で、学生かギター野郎で、長髪で、コンビニかどこかでバイトをしていて、時々麻雀とパチンコをして、カップ麺を作る時はきとんと三分待つような喫煙者が、ユニットバスの風呂場でせこせこやるものだとばかり思っていた。 長髪だが、ごく平均的な経済状況で、学生でもなく、ギターもひかず、コンビニの店員でもなく、麻雀もパチンコもせず、カップ麺は二分ほどでふたを剥がしてしまう、禁煙支持者の私がやるなんて、昨日までならば、たとえ夢でも考えはしなかっただろう。 だが、人の気持ちというものは不思議なもので、少しの期間でも嘘のように変わる。一国の総理大臣の発言でさえそうなのだから、一般人である私の気持ちなんぞ、天気のように移ろいやすい。


 デニムの漂白ひとつ自分でできないなんて最低だ! これが、今の私の意見である。 


そんなわけで、早速洗濯用漂白剤と洗面器を用意し、ゴム手袋をはめて、浴室で作業に取りかかった。


 洗面器に液を注ぐと、うっとりするような匂いが浴室内湿気をいい感じに吸って充満する。 デニムを半分だけ液に漬け込んだそのあとは、この幸せな時間を胸いっぱい吸い込むことにしばし集中する。


 塩素!ああ、なんて素晴らしい匂い!! 小学校のプールを思い出す。


生理がはじまり、プールをサボりだす前の無邪気だった頃。ビニールバッグに、雑誌の応募者全員サービスにワンコインを送って手に入れたポーチ、石鹸のコロンに、初めて自分専用を買ってもらった目薬。 


懐かしく懐かしく悲しくなる。 


数十分でいい感じに色が抜ける。水を切って、乾かして、いざ試着。 うーん、色合いはなかなかなのだが、どうも丈が長い気がする。 というわけで、ハサミで少し切って、裾をほつれさせてから、再度試着。 理想とは違うけれど、それほど悪くはない。 が、重大なことに気がついてしまった。 せっかくのDIYデニムなのに、すでに持っているZARAのものにそっくりなのだ。
我ながら、よくこんなに似たものを作れたなって感心するくらい。


ああ、こんな結果になるのなら、左右のどちらかだけを漂白すればよかった。 


やっぱり、通販で買ったほうがいいのかもしれない。 



Monday, June 18, 2012

KIMI HAMMERSTROEM


















フォトグラファーのKIMI HAMMERSTROEMが、モデルのRosie Huntington-Whiteleyを撮り下ろした写真が生々しくていい感じだ。

撮影場所はRosieの自宅らしい。置いてあるものがいちいち購買意欲をそそる。

親友の家に泊まりに行った女の子が、きゃっきゃと騒ぎながら即席ファッションショーをしたり、インスタント・カメラで写真を撮影した、そんな感じの作品だ。

KIMI HAMMERSTROEMも若手の女性フォトグラファーだというし、実際の撮影も和気あいあいと進められたのだろうな、と想像させてくれる。彼女たちが本当は友達同士でも何でもなかったとしても。

あ、この靴かわいい!

着てみる?

私もこの服持っているよ!

そんな会話が聞こえてきそうだ。


ガールズトークを聞くことにエロティックな喜びを感じる中年男性なんかにも、これらの写真はかなり楽しめるのではないだろうか。



画像はKIMI HAMMERSTROEM.COMより。











久々に画像たちを載せてみる
































Sunday, June 17, 2012

運動なんてさ

プーケットやエーゲ海の島々のビーチで水着になるために、本格的にダイエットをはじめた。

 とりあえずは汗をかいて、水分を絞り出している。むくみの改善と、ダイエットの励みになる数字の変化を目の当たりにするためにも。

 半身浴でかく汗も悪くはないけれど、スポーツでかいた汗にはどう頑張ってもかなわない。
 多分気のせいだと思うのだが、汗の中に溶け出したカロリーが全然違うように思えるのだ。
 だったらスポーツを始めればいいのだけれど、そう簡単にはいかないのだ。なぜなら私は、大抵のスポーツに抵抗があるからだ。

 私のように極めて地味な学生時代を送った者の多くが同じ気持ちでいるはずだ。

 体育の授業を絶対にサボらない者、運動部に所属している者(そこにはマネージャーも含まれる)、中でも優秀な成績を収めている運動部に所属してる者は、それだけで青春の勝者である。所属はしていないが、運動部を応援している者、運動部の花形選手と交際している女子も勝者である。

 陽の当たる場所に立つには運動が得意なのにこしたことはないのだが、運動が苦手でもかまわない。運動が好きでえあれば。

問題なのは、運動に、共に勝利することに興味を持てない人間である。
 化粧品を収集したり、50年代の映画を観ることが趣味の私は間違えなく敗者だ。

 彼らは、群れ、無邪気に、いかにも楽しげに振る舞うことで、いわゆる「オタク」と呼ばれる人々を見下すのだ。本人たちは意識していなくとも、見下されていると思っている側はどんどん卑屈になってしまう。

 本や漫画、映画などインドアな趣味に逃げ込むことによって、オタクたちはスポーツマンとは違う生活をつくりあげる。

 不良になる子どももいるだろう。勉強ができないからという理由ではなく、ただ運動に興味が持てないというだけで。

 運動さえ好きだったなら、私ももっと真っ当な人生を送れたかもしれない。

 運動、スポーツ。 それらの言葉は私のコンプレックスを刺激する。
運動神経が悪いというだけはなく、身勝手で協調性がなく、他人のことに熱くなれないという性格的欠点までも。 

こんな私でもカロリーを消費できるスポーツは、せいぜいウォーキングとランニングくらいだろう。 クローゼットの奥深くでいびきをかいているランニング・シューズを今こそ叩き起こして、水着の似合う体づくりを手伝ってもらわなくては。

Thursday, June 7, 2012

スーツケース女へのやっかみ




たとえばある日電車の中で、死体でも入っていそうな大きなスーツケースに、半ば体を隠れながら座る女の子を見かけたとする。

 彼女が一人でいたならば、「仕事で出張なのかな?」だとか、「ヘアメイクの人なのかな?」だとか、同情混じりの思いを巡らせることもできる。

だが、その女の子たちが二人組で、東京の空には似合わないリゾート着でいたりすると、真剣に観察する対象となるばかりか、敵対心を持つ対象にさえなってしまう。

さりげなく表情をチェックしてみると、地味な素顔でさも楽しげに笑っていたりする。あんな薄い眉毛なのに化粧もせず、そのくせ服装だけは派手だなんておかしい。

ただ一つ、これから飛行機に乗って南国へ行く場合を除いては。

 私なんてこれから仕事に行く身だというのに。あんなワンピースを着て常夏の日差しを浴びるのには、あとどれくらい過酷な労働時間に耐えなくてはならないのだろうか。

 私は可哀そうな人間だ。人の幸せを素直に喜べない。こみ上げてくる悔しさに、息苦しくなるほどなのだ。

 前向きなフレーズのステッカーを貼った、アメリカン・チェリーみたいに赤いスーツケースをこっそり開け、8kgくらいのダンベルを忍び込ませることができたなら。
 女たちはどう思うだろう?私が携帯の充電器をテレポーテーションして、出国前から帰宅させたとしたら。

 しかし、間もなく私は気がつく。 空港でダンベルを捨てることも、どこのショッピングセンターでも売っているスマートフォンの充電器を買うことも、考えてみると大した手間ではないのだと。

 それ以上に、彼女たちは新鮮な驚きに満ちた異国を満喫するはずだ。
  そんな相手には、もしも私に超能力があって、嫌がらせをしてみても、まったくの無駄に終るだろう。

 そこで私は、もっと前向きな妄想を試みる。 つまり、旅の記憶を呼び覚ますために彼女たちを利用するのだ。

 私の口はひとりでにほころび、肩が日焼けしてひりひりしているような錯覚にさえ陥る。 楽しかった記憶が、悔しさに打ち勝った。

 そして、私は心から願うのだ。彼女たちが、今はまだ期待と着替えばかり詰まったスーツケースに、たくさんのお土産と、がっかりというスパイスをわずかに効かせた思い出を詰め込んで帰国することを。 

ついでに、彼女たちでも他の人でもいいので、次の駅で誰かが席を立ち、疲れた体を休められるようにと、よりいっそう力をこめて願うのだ。




Tuesday, June 5, 2012

サンポール・ド・ヴァンスに行くのなら








ジュアン・レ・パンに引き続き、またまた南仏の話を蒸し返させてもらいます。

ニースからバスで四十分ほど行ったところに、サン・ポール・ド・ヴァンスという小さな村がある。

南仏によくある鷲ノ巣村の一つで、今も昔も芸術家に人気が高いことでも有名だ。

当然ながら、村にはギャラリーも多く、土産物の類いも他の鷲ノ巣村よりハイセンスだ。

中でも一番印象的だったのが、村の外れにある「ZEVO」というギャラリーだ。

バスで通り過ぎた時から、壁にはり付くピンクの象に目が釘付けになってしまったのだ。

バス亭を降りた私は、村のメイン所に行くより早く、象の方へと引き返した。

ギャラリーは案外開放的だった。

まあ、南仏によくあるように受付には誰もいなかったので、図々しく中にお邪魔させていただいた。すると、奥のほうのアトリエで作業する中年男性を見つけた。

長髪で、ロック歌手のような佇まい。おそらく彼がZIVOさんだろう。

作業の手を止めさせてしまったにも関わらず、彼はすごく親切に接してくれた。

にこやかに写真撮影を許可してくださっただけではなく、丁寧に作品の説明までしてくれた。

この人は象の制作に力を入れているらしく、ギャラリー内では様々な象たちが私の目を楽しませてくれた。

画像にも載せたが、牛らしき作品もあった。いいねえ。

私は動物モチーフのアート作品にめっぽう弱いのだ。

ZIVOさんに日本から来たと告げると、かつて日本で開いた展示会の写真まで見せてくれた。ついでに、パリス・ヒルトンと撮った写真も見せてくれた。

まったく何の前知識もなく行ったというのに。私がファンでないことを察することくらい容易かっただろうに。

大変遅くなってしまったが、この場を借りてお礼申し上げます。

いろいろな国に行ってみたが、フランスが一番親切な人に出会う確率が高いような気がした。老若男女問わず(中でも若い女性の親切さは断トツだった)。

こんなことを他人に言ったら、多くの人が「ぜったいにそんなことはない」と口を揃えることは目に見えているのだが。


ちなみに、ZIVO Art Factoryのホームページはこちら。




サン・ポール・ド・ヴァンスに行くのなら、ここのギャラリーは外せませんよ。





Wish list 靴編










欲しい靴いろいろ。ここに載せたものは、これでもその一部でしかない。



ZARA    COURT SHOE WITH POINTED METAL TOE 
(ベージュでつま先がシルバーのもの)


Mara Hoffman x Soludos  Espadrilles
(カラフルなエスパドリーユ)


Unif   HELLRAISER
(白のスタッズ・シューズ)


Sam Edelman   Lorissa 
(ベージュのスタッズつきハイヒール)


Yves Saint Laurent   Jonny 
(レオパード柄のブーツ)


Jeffrey Campbell    Coltrane
(ユニークなデザインのブーツ)


「Lorissa」と「Coltrane」は注文中。他の物も欲しいが、そんな余裕はない。




欲しいもののことを考える時間って素敵だ。





ジュアン・レ・パン



約一年前の話をしよう。なぜなら、映画『ミッドナイト・イン・パリ』を観て思い出したから。


そして何より、壊れていたはずのカメラのメモリーカードが、最近になって復活したからである。









まず、ファッショナブルなセレクトショップがわんさかある。ZARAやH&Mばかりの南仏ではめずらしい。服装にうるさい私から見て、ジュアン・レ・パンは南仏で一番充実した街だった。ロサンゼルスにいるような錯覚に陥る。


セレクトはカジュアルというよりはドレッシー。夜遊び向けの服がいっぱいだ。手ぶらで行って、レストランやクラブで着る服を現地調達するのがベターだろう。


ハイブランドを扱ったセレクトショップもたくさんあるが、おすすめはチープなドレス類。


五千円前後でカリフォルニアっぽいセクシーかつ健康的なデザインのものがざくざく見つかる。


駅前のアンティークショップもかわいかった。



メモリーの関係であまり写真を撮れなかったかとが本当に悔やまれる。

ここに載せた写真ではあの街の良さは百分の一も伝わらないだろう。



もちろんおしゃれなカフェなんかも多い。画像はすごく賑わっていたアイスクリーム店。






とにかく盛り上がっているのが夜遊び。








夜遊びスポットでなくても、ヨーロッパには珍しく、いろいろな店がけっっこう遅くまで開いているから、時間のない旅行者にはありがたい。


公園には小さな遊園地があった。子どもでも夜遅くまでぷらぷらできる治安の良さ。ジャズ・フェスティバル開催期間だったから?





私ももちろん一人でぷらぷら。


だけど、この街には友達同士で来たいと思った。日本では滅多にないけれど、ここでなら夜通し遊びまくるのも悪くない。



















気になって仕方なかった謎のバー。ヘミングウェイ印なのはなぜ?







やっぱりロスト・ジェネレーションの作家ゆかりの場所が多い街だからだろうか。


ちなみに私が宿泊したのは、Hotel Belles Rivesという五つ星ホテル。


なんとここ、かつてはフィッツジェラルドの邸宅だったのだ。












こと旅先に関して、私は彼に絶大なる信頼を寄せている。


この人が住んだ場所、滞在した場所は例外なく美しく、治安もいいのだ。


グレート・ネックしかり、ジュアン・レ・パンしかり、スイスのヴヴェイやアヌシーしかり。



彼に習ってコモ湖、カプリ島、アルジェにも行きたい。


ホテルに話を戻そう。シーズンだったし、一泊三万五千円くらいしたけれど、今でも後悔はしていない。
本当に素晴らしい滞在だった!

ホテルの人も親切だし、ご飯も美味しい。部屋も広いわけではないけれどかわいらしい。

ちょっとしたフィッツジェラルド記念館みたいだ。











ルームサービスのメニューにもフィッツジェラルド夫妻のイラストが。これ、持って帰りたかったなあ。








関係ないけれど、アメニティ・グッズはロクシタンだった。こちらはちゃっかり持って帰りました。






ちなみに、ホテルにする時、建物の一部を増築したらしい。しかし、私の泊まった部屋は邸宅時代からあった部分みたいなのだ。文献によると、どうもスコッティあたりの部屋だろうか?


妄想しちゃうなあ。楽しいなあ。




一階には、Piano-Bar Fitzgeraldというバーがあり、ヘミングウェイという名のカクテルを楽しむことができる。








想像していたよりも男性的過ぎず、酒に弱い私でも悪酔いしなかった。


ここのバーは、窓からの眺めもきれいです。






そして何より、このホテルはプライベートビーチがいい感じだった。













この世の極楽だね、これはもはや。


Hotel Belles Rivesはジュアン・レ・パンの駅からも近い。


詳しくは、このホテルで働いていたという日本人のブログ「コートダジュールの休息」で知ることができる。


今年もそろそろ地中海が最高の時をむかえる。


南仏行きを考えている人は、せめて一泊くらいはジュアン・レ・パンにも泊まってみてください。