Monday, August 27, 2012

ピピ島を思い出し、旅気分を盛り上げる。








そういえば、ピピ島に行った時のことを書き忘れていたので、ここでちょっと触れておこうと思う。次はギリシャのことをいろいろ書かなきゃならないだろうから。

訪れたのが雨季だったせいなのか、プーケット島の海は見れたものじゃなかった。荒れ果てていて機嫌は最悪。まるで、演歌に出てくる真冬の日本海みたいだった。

だから、いくら美しいと評判のピピ島とはいえ、期待するには及ばないと思っていた。波が高かったら透明度が低くなるのは仕方ないことなのだから。しかも曇り空。きれいなはずがない。

海というのはそのものの美しさのみならず、空が与える影響がとてもとても大きい。夢のようなブルーだったコートダジュールの海も、雨の日は別物?というくらいに退屈な海だった。今回のピピ島も半分くらいはそうだった。「ああ、晴れていたらさぞかしきれいなんだろうなあ」という感じだ。

が、文字通り天が私の味方をしてくれた。その日は朝から快晴だったのだ。今しかない!ピピ・レイ島に行かなくては!と思い立った私は、スピード・ボートを走らせた。

ピピ島はいくつかの島からなっている。一番大きいのが宿泊施設や街のあるピピ・ドン島で、ここのレムトン・ビーチも淡い水色のグラデーションが素晴らしかったのだが、やっぱり有名なマヤ・ベイも見ておきたい。

タイの観光名所は「『ザ・ビーチ』に出てきた」という売り文句の場所が多く、中でも一番知られているのはこのマヤ・ベイだろう。まさしくあの映画の舞台となった島である。

写真を見ていただければわかると思うが、もう本当に映画そのもののエメラルドの楽園だった。なんだか現実味のないほど鮮やかさで、映画のセットの中に紛れこんだみたいだった。

だが、悲しいことに観光客の姿はピピ島のどこよりも多くかった。パリの凱旋門並みなのだから、なんとも言えない。

『ザ・ビーチ』に出てきた島に暮らす人たちは、ここの存在を秘密にしておきたいと言った。こんな風になったら困るもんなあ。それにまあ、薬物のこともあるだろうし。

しかし、こんなふうに侵略された楽園というのも、なかなか味わい深いものだった。ひどい醜男と結婚した美女みたいで、ある意味エロティックだった。

とにかく、ばりばりの観光地にいちいち幻滅していたんじゃ、これから行くミコノス島やサントリーニ島でなんか楽しめるわけがないんだから。タイ旅行を思い出して、気分を盛り上げて、眠気の重たい塊をどこかに放り投げてしまおう。

エーゲ海の島々ではどんなブルーが私を迎えてくれるのだろうか?

いざ、出発!

4 comments:

  1. 杏里さんと一緒にエーゲ海やコートダジュールに行きたいな。「鈴木杏里と行くヨーロッパ1週間」とか銘打って、ツアーでも募集してみるのはどうだろうか。杏里さん1人分の旅行代など、すぐにでてしまうにちがいない。

    ReplyDelete
  2. こんばんは。

    本当にきれいですね。
    うらやましい。。。

    なるほど「ザ・ビーチ」に出てきたところですか。
    観光地化した幻の楽園。

    でも、本当にきれいだなぁ

    ReplyDelete
  3. wow james bond island - thailand...I go there last august...Did you go to phi phi island too? It's fantastic..

    ReplyDelete