Monday, August 20, 2012

コンバースをリメイクしてみた

最近スニーカーばっかり履いている。ダイエットのためにエスカレーターではなく階段を使うようにしているからだ。デパートの子ども服売り場に行く時なんか(最近叔母馬鹿なもので、すぐに子ども服を買ってしまうのだ)、もう登山でもしてきた心臓になる。

ヒールでそんなことをしたら、靴は駄目になるし、体力的にもきつすぎて持続するなんてとても無理だろう。やっぱりスニーカーでなくては。

しかし、靴フェチ人間としては毎回似たようなスニーカーでは飽き飽きしてしまう。スポーティーではない私の服に一番合わせやすいは間違いなくコンバースの黒なのだが、かれこれ五年くらいの付き合いなので、そろそろ新しいものが欲しくなった。

どこか安いサイトはないか?といつものようにネットサーフィンしていたら、偶然こんなものをみつけた。



残念ながらどこも売り切れ。どうやらちょっと前のものらしい。

だが待てよ、これくらいなら作れそうではないか?

検索してみると、作り方を載せたサイトなんかも少ないながら出てきたので、それを見ながら早速コンバースにハサミを入れてみた。

ああ、なんだか断髪式のよう。長年頑張った力士(コンバース)は引退して、次のステップ(リメイクされた靴)へと進むのね。

まず、靴ひもを外して「ベロ」と呼ばれる部分を切ってしまう。切らない版もあるみたいだが、今回はよりサンダルっぽくしたかったので切ってみた。冬場に履くなら残したほうがいいかもしれない。

サイドによく切れるハサミで切り込みを入れて、あまり切れないハサミでその上をなぞるように切るとほつれ感が出る。

より肌を見せたいようなら、切り込み部分をもう少し切って、隣の切り込みとの間隔を空けてもいいかもしれない。その辺は本当に好みの問題だ。

所有時間は十分程度。慣れれば五分。

出来上がりはこんな感じ。ちょっと見えづらいかもしれないけれど。




 

より詳しく書いたブログを読みたい方は「Shredded Converse」で検索してみてください。私が参考にさせていただいたものも見つかるでしょう。






3 comments: