Thursday, February 2, 2012

チャイニーズ・シャー・ペイ




















個人的な好みから言うと、いつか飼いたい憧れの犬ナンバーワンはこのチャイニーズ・シャー・ペイだ。

今まで見た犬の中で一番可愛いと思う。これが家にいる生活を想像すると、溢れ出てくる涎を押さえられなくなってしまう。別に美味しそうだから涎が出るというわけでもないのだが。だって、このぶよぶよ加減はどちらかといえば不味そうじゃないか。まあ、実際はチャウチャウ同様食用にされていたこともあったらしいけれど(チャウチャウは本来食用だとか。癖がなくやわらかい肉質)。


数十匹のシャー・ペイと密室で押し合いへし合いしてみたい。欲を言えば、床も壁も天井も彼らの皮膚と同じ素材の部屋で思う存分ごろごろしたい。そんな部屋があればの話だけれど。

しかし、実際そんなことになったら、たるんだ皮膚が放つ臭いに耐えられないんじゃないかと思う。不潔になりやすいに決まっているもの。

だとすればどれだけ臭いのか嗅いでみたくなるのが人情というもの。単に犬臭いのとはひと味違うのではないだろうか。これまで一度も嗅いだことのない、心を震わせるような悪臭なのだろうか。気になって仕方がない。

このブログを読んでチャイニーズ・シャー・ペイの画像を拾いたくなった方、検索は日本語ではなく英語でするといいですよ。可愛い動物の画像が欲しいのなら、キーワードは英語で。これが鉄則です。日本語で検索するのとは比べ物にならないほど可愛い画像が手に入ります。

以下のようなものまで!





2 comments: