Monday, May 30, 2011

アニキ

ああっ、もう。今見た夢が面白すぎて、居ても立っても居られない。

まあ、冷静に考えるとそれほど面白くもないし、独創的なわけでもないのだが、すごくすごくテンションが上がった。

アイドル歌手の夢だった。きっと『美男ですね』の影響なんだろうな。

それも、自分がプロデュースする夢だったのだ。

オカマちゃん歌手を。

オカマちゃんといっても、見た目はまるっきり男だ。それも、相当に逞しい。

短髪、髭面、筋肉隆々、タイトな服がお似合いの、典型的なゲイボーイ。

私は彼のCDジャケット撮影に同行している。スタイリストの持ってきた服が気に入らないと文句を言っている。

ピンクのポロシャツを着せたいのに、彼女(スタイリスト)は白系の衣装しか用意していない。

歌詞に出てくる男は乙女チックな性格なのだから、ここは絶対ピンクでなくてはだめだ。

もちろん歌詞も覚えている。曲だって覚えていますとも。タイトルだって。

『アニキ』という、非常にストレートな曲名です。

本当はネコなのに、今の彼氏がそれ以上のネコだから、頑張ってタチのふりをしているいじらしい男の子、という設定。

「アニキみたい いつも私 また今日もわがまま聞くだけ アニキみたい 他人は言うわ 本当は時々甘えてみたい」

だとか、確かそんな感じのサビだ。

背筋のゾッとするような映画を観に行って、大げさに怖がってみせようと計画するのだが、結局ネコ役の子のほうがもっと怖がってしまい、主人公のオカマちゃんはやっぱりタチ役に徹することになる。

ネコ役の子は浮気性なのだが、その性格の幼さに免じていつも許してしまう。

何かと大変な役どころなのだ。

振り付けもあったにだが、それは忘れてしまった。わりと単純だったというのは覚えているのだが。

ジャケットのイメージは、若手演歌歌手のものみたいな、激しくシンプルなものにしたかった。

あの白っぽいシャツでは洗練されすぎている。もっと野暮ったくないとおば様方に受けない。

せっかく究極に野暮ったい楽曲が書けたというのに。

もう!それからどうなったのだろう!

これ以上は、いくら思い出そうとしても、オカマちゃんの眉毛が完璧に美しく整えられていたことばかりしか浮かんでこない。

もう一回眠っても、続きを見ることなんてできないんだろうな……。

しかし、『アニキ』という曲が頭から離れなくて困った。

外では口ずさまないよう気をつけなければ。

Saturday, May 28, 2011

告知!

告知が遅くなってしまいましたが、今週の日曜日に五反田のクラスAで撮影会があります。
よかったらご参加ください!
写真に凝りすぎているので、私が参加したいくらい楽しみにしております。

詳細はこちらから。http://www.class-a.jp/

Thursday, May 26, 2011

苛立ちは小出ししようじゃないか。



周囲の人がことごとく韓流にはまっている。

韓国料理は確かに美味しいし、通販にもなかなか安くていいものがあるし、韓国製のシートマスクにはなくなったらやっていけないくらいお世話になっているが、他の人たちの大好きなドラマなんかは、正直なところ「どうなのか?他のもっといいものを見たほうが時間を有効活用できるだろう」と思っていた。

しかし、たまたま行ったTSUTAYAで、たくさんあるはずの在庫が全て貸し出し中だったドラマがあり、なんだかすごく気になり出してしまった。

いくら世間に逆行する私だって、そのドラマのタイトルくらいは知っていた。『美男ですね』と言えば有名ではないか。

それほど人気があるならば……、と世間に媚を売って見てみることにした訳である。

一話見てつまらなかったら返してしまえばいいのだから。

けれど、探し出すのには本当に苦労した。三件ものTSUTAYAで、韓流ドラマコーナーの前をうろうろするという、恥知らずの私でも気恥ずかしい思いをしたものだ。

まあ、だが、それだけの苦労をした甲斐はあった。

くだらないのだけれど、そのくだらなさが大変に面白かった。

ストーリーはありふれている。

双子の兄の身代わりをするため、男装してイケメンバンドのメンバーになったコ・ミナム。

優しいシヌと面白いジェルミ 、そして俺様なテギョンに囲まれて、ハラハラドキドキの毎日を送っている。

秘密を知っている意地悪なライバルや、生き別れの母親。少女漫画には欠かせない設定が、これでもかというくらい詰め込まれている。

突っ込みどころ満載!それがこのドラマの醍醐味なのだ。

まずは、いちいち隠してあるAppleのロゴマークがいい。

テギョン愛用のパソコンなどが、シールでロゴを隠しているのだ。

初めのうちは、葉の部分だけに変なシールを貼っていたのだが、途中で「1」と書かれたシールで、ロゴマーク全体を覆い隠すようになった。

さすがにまずいと思ったのだろうか?

コンビニの看板や、服のロゴなどにもぼかしが入っていて、面白くてしょうがない。

そこまでして映したいか?

パソコンなんて、許可の取りやすいメーカーにするわけにはいかなかったのだろうか?

などと色々考えてもみるのだが、許可を取っていなくて良かった。あの「手作り感」がたまらない。

インテリアも参考になる。こうしたらいけないのだ、という参考に。

どの部屋もカラオケかラブホテルのよう。住みたくないな、と思いながら見るのが楽しい。

服も同様。着たくないな、と思うことで楽しませてもらうのだ。

登場人物たちがほぼ全員嫌な奴というのも素敵なことだと思う。友達になりたい人が極めて少ない。

ヒロインのコ・ミナムは「わざとだろう」というくらいにドジだし、表情がちょっと気持ち悪い(ぶりっ子といえば聞こえがいいのだが)。何かとすぐ出て行こうとするし、全て他人まかせで自分がない。

テギョンはびっきりするくらいのナルシストで、すぐに他人を見下す。嫌みをいうのが大好き。なんだがいつも怒っているわりには、小心者で方向音痴だ。なんだか、私の性格みたいで、そこにまたいらっとする。

シヌは一見いい人そうだが、時々ストーカーっぽい。粘着質で、何を考えているのかわからない。電話をしながらついてくるシーンなんてぞっとした。しょっちゅう人の頭を触るのも気に食わない。大人の頭を撫でるくらい人を馬鹿にした仕草ってあるだろうか?

ジェルミはちょっとうざったいところもあるが、基本的にはいい人に見える。『美男ですね」にしては珍しい。

ライバルのユ・ヘイにいたっては、典型的な悪役で、今のところスタイル以外の長所が見つからない。だけど、個人的にはこういう人が好きだ。

ミナムの叔母は誰より最悪だ。同居しているなら、彼女への殺意が芽生えないようにするのは至難の業だろう。

テギョンの母親は完全に母親失格だ。息子へ発した言葉は人間失格と言っていい。

パパラッチのおっさんも、事務所の研修生も、みーんな嫌な奴だ。

「なんて性格が悪いんだろう!」と思いながらも、TVの前からどうしても離れられない。

が、よく考えたら、こういうのって精神衛生上悪いことではないような気がする。

彼らはドラマの登場人物なのだから、心意気なくイライラして、「死んでしまえ」と思うことができるのだ。

実在する人間だったらそうはいかない。イライラする人でも、関わらなくてはいけなかったりするからだ。いちいち怒っていたら損だ。

それに、苛立ちを溜めるのはよくない。「イライラしてはだめだ。この人は可哀想な人なんだ」と気持ちを押さえ込むと、決まって後で爆発する。

凶悪犯罪者にならないためにも、こういうドラマや少女漫画で苛立ちを小出しにするべきだ。

もしもこれらがなかったら、私は今頃塀の中だったかもしれない。

そう考えると恐ろしくなってしまう。

Monday, May 23, 2011

素敵!



Isabel Marantのスカジャン!!

ちょっと変すぎるじゃない!素敵すぎるじゃない!

八万円くらいするのだが、これは本気で迷う。

ヤンキー姉ちゃんみたいに、ポニーテールに結った髪と合わせたらどんなにいいだろう。

ちょうど髪色をグラデーションにしたので、ちょうどいい感じにプリンっぽいので、けっこう雰囲気が出ると思うのだ。

デコトラといい、私ってこういったものに惹かれる傾向にあるんだよな。どういう訳だかは知らないけれど。

この夏はアロハシャツなんかもいいんじゃないかと、ちらっと考えてみたりもした。

着たら絶対に楽しいって。かっこいいかは別にして(そもそもかっこいいわけがないし)、面白いに違いない。着ていてきっとテンションが上がる。

「チンピラ」って永遠に好きなキーワードなんだもの。

「ハイエナ」も同じように好きなキーワードなんだけれど、これ以上ないくらいにどうでもいい話だよな。

しかし、私みたいなくどい顔って、こういう妙に和風な物を着る時だけは得だと、つくづく思う。キモノガウンだとかさ。

変な外国人のコスプレっぽく見えなくもないもの。

周囲の人も、「勘違いしているんだからしょうがない」と、温かく見守ってくれそうではないか。

まあ、実際コスプレなんだけれどさあ。




とかなんとかぶつぶつ言っていいるのはいいが、やっぱり欲しいわよ。

あーっ!どうしよう!

Thursday, May 19, 2011


安い服ばかり着ている。

一万円以上する服なんて、二ヶ月に一度買えばいいほうだ。

ZARA、H&M、たまにforever21、American Apparel、Yahoo!やeBayなどのオークション、そして、ありとあらゆる海外通販サイト、これらがうちにあるほとんどの服の出所である。

高い服はもちろん素晴らしい。ウインドウ・ショッピングで審美眼を養うのは大切なことだと思う。

だけれど、余裕がないのなら、無理して買う必要もない。それよりは数を多く持っていたほうが、何かと便利だし、コーディネートの面白さも広がる。

とにかく、安い服には目がないけちな私だから、ずっと「しまむら」は気になっていた。けっこう使える、という声も聞いていたし、いつか絶対に行きたいと思っていた。

そして先日、ついにデビューを果たした!

初めて足を踏み入れた時は、そりゃもうわくわくだった。新しい世界が開けると思った。

予想より洒落っ気のない店内、中高生とおばさんだらけの客層(私のような中途半端な年齢の人は元ヤンキー夫妻のみだった)、肝心の商品はというと……。

いやあ、予想以上に田舎臭い!!

たとえ、形の悪くないTシャツやショートパンツがあったとしても、余計なプリントやレースが台無しにしている。

「ああいう服ってどこに売っているんだろう?」と、常日頃から疑問に思っていたような服が平気で売っているのだから、もう面白くてたまらない。

もしかするといけそうな服を、大量の「絶対に着たくない」ものの中から見つけるのも、宝探しのようで面白い。

それに、安いことには違いないのだ。

やっとこさで、五百円のフリンジブーツと、千円くらいのスポーツ・ブラを、試着室まで持って行った。

ブラのほうは、安かろう悪かろう。ブーツはどうにか履けるレベル。

ブーツだけ買おうとした時、ふと思った。

私はこの雰囲気に呑み込まれているだけなんだ、と。

もしもこのブーツが、たとえばForever21で売っていたとしたら、私はレジまで持っていこうとするだろうか?いくら五百円だとしても。

答えは否だ。

しまむらで売っているものでなければ、絶対に買わないデザインだろう。そもそも、本革ですらないのだ。

しまむらだから惹かれているのだ。

「エルメスだから着るのよ!」という女と同じではないか。

ブランドの場合でも、しまむらの場合でも、アイテムの高級感やダサさに負けず、それを着こなしてみせる達成感が気持ち良くて、買ったりするのだろう。私は、ブランド物にはそれを求めないが、結局は同じことなのだ。

なんだかとても不健全な気がする。

服なんて、デザインや着心地が好きだから買うものではないのか?

安さを求めるのなら、ファスト・ファッションでいいのではないか?

心底好きならいいのだが、そうでもない不純な動機で買うなんて、しまむらに失礼ではないか。

そんなわけで、しまむらの帰り、私はH&Mに寄って、写真で着ているジャケットを買った。たった三千円。

やっぱりファスト・ファッションで充分だ。


しまむらのことは、あそこのデザインを好きなヤンキー夫婦などにまかせておくことにしようと思う。

Tuesday, May 17, 2011



 ちょっとテスト。

Monday, May 16, 2011

エリザベスカラー画像集

















なさそうだったので作ってみました。

エリザベスカラー画像(というほど気のきいたものではありませんが)。

自由を奪われた感じがたまらない!!

ほどよく不便そうにしている生き物って素敵だ。

あくまでもほどよく、だ。実際に大怪我をしていたりしたらだめなのだ。命に別状があったらそこで萎えてしまう。

あんまりしないだろうけれど、ファッションであれをつけていたら最高だ。

たとえばハイヒール。

あれも、ようは同じことなのだと思う。

支配欲求を刺激してくれるという意味では。

エリザベスカラー、人間の子どもシリーズも見てみたい。

あくもでも、ファッションとしてつけている姿を。

そういう写真集がどこかに売っていればいいのに。

できるかな?

多分投稿できるようになったと思うのだが。

念のためテストです。

それにしても、ああ!エリザベスカラーをつけた動物ってなんてかわいいんだろう!

どんなに悪臭を放つ犬でも、これをつけていれば許せる。

こういう画像、探しまくろう!!


Wednesday, May 11, 2011

抜けない女






AV界の鬼才、長江隆美監督の一般作品第一弾『WORTHLESS WOMEN  抜けない女』が、渋谷 UPLINK で公開中だ。


この作品、一般映画でありながら、スタッフ、出演者共に全てがAVの人間という、異色作なのである。


膣に拳を入れて、そのまま抜けなくなってしまった女スナイパー。彼女と、それを取り巻く奇妙な人々。


ホラー?パニック?エロス?サスペンス?


いや、これはジャンル分け不可能だ。


彼らだからこそできる過激な演出、大胆な演技、そして、いい意味でのチープさは、一見の価値がある。


観ていて、個人的にはすごく好きな小説である、フィリップ・ロスの『乳房になった男』が頭を過った。
よくもまあ、こんなすごい設定を考えついたものだ。エレベーターに閉じ込められてしまったのではなく、膣から拳が抜けなくなってしまったのだから。
性欲の薄い人間には思いもよらない。私なんて、三回くらい生まれ変わったって作り出せないだろう。


時節の都合上、エンターテインメント界からも過激な物は排除される傾向にある。


希望、平和。それはそれでいい。


しかし、世のひねくれ者どもは、それだけでは満足しないのが本音ではないだろうか?


退屈している方は、是非とも観てほしい。そして、映像のように、脳みそをかき回されていただきたい。





















Sunday, May 8, 2011

無題









靴ブランド、Sam Edelmanの広告が色っぽくて好みだ!

こういう靴&裸みたいな格好っていいよなあ。

シャーロット・ケンプ・ミュールを見ていたら、すごく月並みなのだが、ジョン・レノンの曲を聴かないことには眠ってはいけない気がしてきた(ショーン・レノンの彼女らしいので)。

さがそう。どこかにあったはずだ。

巻き寿司について。



私は案外寿司にうるさい。詳しいというわけではない。単にうるさいのだ。

中でも、巻き寿司は時々無性に食べたくなる。

あれは何か特別な感じがする。贅沢な感じがする。

そりゃ、高級な寿司屋で食べる握りも贅沢だ。漁師町で新鮮なものを食べるのはもっと贅沢だ。

だが、巻き寿司を家で食べるという贅沢は、またちょっと種類が違う。

あれは、それほど高いものではない。一本三千円も出せば、まあまあの物が買える。三千円は外食でいったら、どちらかといえば安い部類に入る。
それなのに、巻き寿司を買うのは、外食よりずっと勇気がいる。

どうせなら一種類だけではなく、二、三種類の味を楽しみたい。そう思ってどんどん買うと、どつぼにはまる。

そう。巻き寿司は日持ちするものではない。

宅配ピザの場合もそうなのだが、一人でこれらを頼む場合、下手したら三食同じものを食べる覚悟をしなくてはならない。

いくら好きでもそれは辛い。

だが、それでも食べたい時があるのだ。

そんな時は、勇気を振り絞って何本か買う。そして、ずっとそれを食べ続ける。

毎食違うものを食べる楽しみを捨ててまで、巻き寿司(または宅配ピザ)を食べる!一時の衝動のためだけに、とっくに飽きた巻き寿司を食べ続ける!

何という贅沢だろう。何とまあ、別に味わう必要のない贅沢だろうか!!

そういうものを食べる時だけ、既婚者がうらやましくなる。それが原因で結婚した人というのも、広い世の中にはいるんじゃないかとすら思える。

しかし、巻き寿司を誰かと食べると、二つばかり気を使う。

まずは端っこ問題。あの、端の不格好な部分を誰が食べるか、あれはけっこう重要だ。私はどちらかというと、あの部分は好まない。具がはみ出ていると、シャリとのバランスが悪く、味も落ちるように思えるからだ。
だからこそ私は、無理して自己犠牲の精神を発揮するのだが、実はあの部分を食べることも巻き寿司の楽しみに含まれると考える人もいるらしいのだ。

私は美しい行動をとったつもりなのに、かえって相手から恨まれる結果となっているかもしれないのだ。食い物の恨みは怖いからな。

そして、残りの一つ問題。

これは説明するまでもない。どんな食べ物であっても、分け合う場合には必ず発生する問題だ。

日本人ならでは、と言うが、外国人はどのように対処しているのか、ぜひとも
聞いてみたいものである。端っこ問題も含めてさ。

あ、画像と全然関係がなくてすみません。

選挙のポスターって昔から好きなもので、つい。


Friday, May 6, 2011

最近観たDVDとVHSの中でも

特に印象深かった七作品。


『イースター・パレード』

『真夜中のパーティー』

『太陽を盗んだ男』

『ボーイフレンド』

『狼たちの午後』

『わらの犬』

『いちご白書』

あ、画像を載せそびれてしまったのだが、『カイロの紫のバラ』も良かった!

わかっていますとも。もっと新作も観たほうがいいということくらい。

だけど、以前から気になっている物から順に観ていったら、新作まで手が回らないんだもの。そうしているうちに、また次の古い物が気になってくる。新しい物の情報を仕入れるその前に。

本の場合も同じことが言える。そうやって私は時代から取り残されていくんだ。

ひとまずブログはこのあたりで中断して、溜まっているDVDを片付けてしまわなくては。

私のブログだ。その時気になっているものや、やったことなどのメモとして使ってもかまわないだろう。

Tuesday, May 3, 2011

若いって素晴らしい!



元々嫌いなほうではなかった。

往年の肉体派女優、ラクエル・ウェルチのことは。

日本人男性の大好物であるロリ系美少女もいいけれど、こういった、いかにもアメリカの労働者に受けそうなセクシーさも悪くない。

だが、特別ファンというわけでもなかった。

巨乳は素晴らしいことなのだが、全体としてはもっとほっそりしているほうがいいし、髪だってブロンドのほうが好ましい。

しかし、もうそんなことは言っていられない。完璧なファンになってしまったのだから。

なぜなら、最近の写真を見てしまったからだ。

1940年生まれの彼女は、御年70歳。

そして、最近の写真がこちらである。




これはびっくり!驚異的に若い!!

「おばあさん」と呼ぶにはあまりにも違和感が……。

私は老化に極端までの恐怖心を持っていて、極端な話、24歳以上にはなりたくなかった。したがって、もう人生は終わったものと考えている。

若さはお金に近い。それだけではあまり意味をなさないが、途方もない可能性を持っている。

私はいつだって可能性が欲しいのだ。


こういう70歳を見ていると、可能性というか、将来に希望を持ってもいいように思えてくる。

それと同時に、ひどく惨めになってもくるのだが。

なぜなら、ハリウッドのセックスシンボル並みにリッチでないと、こんな美しい70歳にはなれないに決まっているからだ。

きっと彼女は、私が一生に使う美容費を、ほんの数年で使い終えてしまうのだろう。羨ましい!!お金持ちにさえなれたら!!

が、しかしだ。同じような人なら、国内外問わずごまんといる。その人たちが皆、ラクエル・ウェルチのような驚異的に若い70代かと言われると、そんなこともない。恐ろしい人のほうが、ずっと多い。

なぜ彼女はこんなに自然に、美しく年を重ねているように見えるのだろう?

画像修正技術の賜物だろうか?

確かに、私のような庶民でも、ブログに載せる写真のニキビ、クマ、皺などが目立つ場合、後処理を施し、素知らぬ顔をすることがある。わりとよくある。

ラクエル・ウェルチとの間には、たとえそれがスナップ写真であっても、公の場にでる可能性があるのなら、完璧な処理をしなければならないという取り決めでもあるのかもしれない。

ううん、それは不可能だろう。

数多くいるパパラッチは、そんなこと気にしちゃくれないだろう。

それどころか、彼らはより老け込んだウェルチを押さえようと必死になるだろう。

アニタ・パレンバーグの例を見よ。


この人が、




こんな感じになりました。



だなんて、容赦ないではないか。

しかしまあ、アニタ・パレンバーグのほうがいくつか若いというのに、この差は何なのだろう!

元々の肌質なんかに、運、不運はあるのかもしれないが、やはり、地道な努力も欠かさないのだろう。

金のかかるものはそうそう真似できないが、生活習慣くらいだったらいくらでも真似したい。

美容本でも出版してくれないだろうか?もう出しているのかもしれないが。

ファンとして二冊くらい買いますよ。


それはさておき、外見から好きになったラクエル・ウェルチだが、経歴もなかなか興味深いものがある。

「地元の舞台に出たことがきっかけで、地元のテレビに天気予報のキャスターとして登場するようになる。仕事が忙しくなったために大学を中退し、また離婚して2人の子供と共にテキサス州に移り、モデルまたウエイトレスとして働く。その後、ロサンゼルスに移り、モデルとして活躍、また『奥さまは魔女』などのテレビ番組に端役として出演するチャンスを得る。」


だってさ。


何て泥臭いんだろう!


これって私にとって、最高に素敵なことなのだ。