Wednesday, November 30, 2011

やぎとベーブ・ルースの謎


寝不足でカフェインばかり流し込んでいるせいで、胃が荒れてしょうがない。

ちゃんと眠れればいいのだが、私の性格の場合そうはいかない。

以前からさんざん言っているのだが、とにかくくだらないことばかり考えてしまってだめなのだ。

歌詞について疑問に思ってしまうともうおしまいだ。次の日はカフェイン中毒覚悟である。

『悲しい色やね』のメロディが突然浮かんできた時も困った。メロディが浮かんでくるということは、同時に歌詞も浮かんでくるということなのだから。

HOLD ME TIGHT大阪ベイブルース 俺のこと好きか あんた聞くけど」
という歌詞なのだが、この「ベイブルース」の部分がくせものだった・

普通に考えたら大阪湾付近で繰り広げられている悲しい愛の出来事という意味なのだろう。

だが、ベーブ・ルース(歌を聴く限りでは、ベイブルースなのかベーブ・ルースなのか判別できないのだ)という野球選手も、それはそれで実在していて、彼のこと言っているのでないとは言い切れないのだ。
ベーブ・ルースとは1920年代のアメリカで活躍したメジャーリーガー。Wikipediaによれば、最初にアメリカ野球殿堂入りを果たした五人の中の一人
世界の野球史に残るスーパーヒーローだ。

ジョー・ディマジオとこの人だけは、野球にまったく興味のない非常に女性的な私ですら、王と長嶋を知っているのと同じように知っていたくらいなのだから、そのすごさがうかがえるだろう。

『悲しい色やね』に出てくる「あんた」は、そのベーブ・ルースのような男かもしれないのだ。
屈強で超人並みの運動神経で、豪快に女をさらっていってしまうようなタイプの男。私はそんなやつなんてごめんだが、そういうのが好きな人にはたまらない魅力があるのだろう。
歌詞に登場する女は、そのベーブ・ルースのような男の中の男に「HOLD ME TIGHT」言いたいのかもしれないではないか。

だって、「俺のこと好きか?」なんて聞いてくる、夢しかないような男だなんて、相当テストロテンの分泌が激しそうではないか。アメリカ野球界が誇る伝説と同じくらい男らしい奴に決まっている。

以前はこの考えのせいで、ベーブ・ルースのことをひたすら検索することになってしまい、大変な思いをしたものだ。

昨日気になって困ったのが『やぎさんゆうびん』の歌詞である。

「白やぎさんからお手紙ついた 黒やぎさんたら読まずに食べた しかたがないのでお手紙かいた さっきの手紙のご用事なあに」
みんなが一度は思うことだろう(ぜひそうあってほしい)。黒やぎさんは人から来た手紙を食べてしまうくらい紙が好きなのに、よく「ご用事なあに」と書いた自分の手紙を食べてしまわなかったなあ、と。

好みの紙はそのやぎによって違うのだろうか?
それとも黒やぎさんは白やぎさんのお手紙でお腹が一杯になっていたのだろうか?

だが、お腹が一杯になるような手紙というのはいったいどのようなものなのだろう?
ずいぶん分厚いのではないのだろうか。

やぎにそんなものが書けるのか?そもそも会って話せばいいことなんじゃないか?
まあ、一つだけ確かなことは、やぎに生まれなくてよかったということだ。

紙なんかが主食じゃあたまったものではない。


4 comments:

  1. 歌詞は謎が多いですね
    とうりゃんせの歌詞も謎ですね

    ReplyDelete
  2. あははは、最高におもしろかった。
    少なくとも私はヤギさんの歌を聞いてそんなことは思ってもみなかった。
    言われてみれば確かにそうだ。だけど、気が付いても言っちゃあいけない(笑)。

    ReplyDelete
  3. すいません。

    つい出来心で撮影会予約してしまいました(笑)

    当日よろしくお願いします。

    ReplyDelete