Wednesday, July 13, 2011

坂本頼光さんライブ

皆さんは坂本頼光(らいこう)さんをご存知だろうか?
現在、日本には十数人しかいない活動弁士の一人であり、私が胸を張ってファンだと言える、数少ない芸人さんでもある。
活弁は勿論のこと、作画、登場人物全員の声、全てを一人でこなすという自作アニメーションがとにかくスゴイ!!

その多彩さ、面白さからカルト的な人気を誇っている。

数年前、軽い気持ちで彼のライブを観させていただいたのだが、あの時の衝撃はたぶん一生忘れないだろう。モナリザよりよっぽど感動した。
大げさに思わないでいただきたい。大げさに思う方は、まず彼の活弁を観てほしい。
豊かな才能に目眩をおぼえ、場合によっては軽い嫉妬にさえ苛まれるだろう。
そして、観終わった後、こう思うはずだ。
「まいった。すっかり魅了れてしまったよ」と。

作品の中で一番メジャーなのは、もちろん国民的アニメの強烈なパロディ『ザザザさん』だろう。

『South Park』を彷彿させるような強烈な時事風刺、アクの強い絵柄、素晴らしい発声、これらが調和された様子は、他のアニメとは一線を画する面白さである。
お笑いで絶対に笑わない私が爆笑したのだから相当なものだ。
まだ観たことのない方は人生を損していると、この際はっきりと言ってしまおう。

ラッキーなことに、先日も彼のライブに行くことができた。
『ザザザさん』以外の作品も良かった。相変わらずのハイクオリティだ。
国内ではほとんど観ることのできないサイレント作品にお目にかかれたことも嬉しかった。
正統派時代劇『 血煙高田馬場』、 愛すべき20年代に上映された作品『ジャックと豆の木』、かわいい顔して相当ダークなアニメ『日の丸太郎・影武者修行の巻』

そしてとどめは、初公開の『原始さん』だ。

こちらは、坂本頼光さんの敬愛する、水木しげる先生による、幻のアニメーションだと言う。

大都会に突然現れた巨人「原始さん」をめぐる物語。

『ザザザさん』とは一味違う、少し真面目な坂本頼光さんの、新たな魅力が発見できる。

嬉しいことに、こちらの原始さん、You Tubeで期間限定配信されている。

このブログからもいつかは(たぶんあと少しで)観れなくなってしまうと思うので、ちょっとでも興味を持った方はすぐにアクセスしてください。

ちなみにYou Tubeには、全作品ではないが『ザザザさん』もあります。

なんで私がこんなに詳しいかというと、まぎれもない、熱心なファンだからです。

きっと皆さんも好きなならずにはいられないだろう。


4 comments: