Saturday, November 20, 2010

他人と眠る


寒くなってきた。昨日なんて、ファーコートを着ていても寒かった。

冷え性の人間にとっては辛い季節の到来である。

こんな時期は、「人肌が恋しい」と言う声をよく聞く。

いや、何もこの時期に限ったことでもない。寒かろうと熱かろうと、多くの人にとって、一人でベッドに入るのは気が進まない夜があるらしい。誰でもいいから(できれば異性に)横で眠ってほしいというのだ。

その気持ちが私にはまったくと言っていいほど理解できない。

何が悲しくて他人と眠らなければならないのだ?それも、同じベッドで。
もしも急に他人の家に泊まることになって、布団の用意がないから仕方なく同じベッドに二人が眠る。勿論互いに乗り気ではない。できれば別々に眠りたいと思っている。そういうことならまだわかる。私だってその場合はやむを得ず狭い空間に我慢するだろう。

だが、わざわざ好き好んで、立派なベッドが二台もあるホテルの部屋などにいるのに、わざわざ一台のベッドに二人が眠る理由がわからない。凍えそうに寒いのならまだしも、夏にでもそうする人もいるらしい。実際に見た事はないが、物語の中で男女はたいていがそのように眠っている。

そういったシーンを見る度、憤りを隠すのが難しくなるのだ。

私が見たり読んだりする、異国の物語に出てくる部屋は、私の家に比べるとはるかに広い。そんな恵まれた環境に住んでいながら、故意に狭っくるしいところで眠るなんて、狭い家に住むしかない人間を馬鹿にしているとしか思えない。

もしも私がああいった豪華な家に住めるという幸運に見舞われたなら、同居人とはなるべく離れた部屋で眠るに違いない。

他人の気配は、落ち着いた眠りの妨げにしかならないからである。

人肌というものも、私はどちらかといえば忌み嫌っている。

考えてもみてほしい。人肌の場所にいれるか?人肌の風呂に入れるか?人肌の食べ物が美味しいか?

絶対にそんなことはない。

生温い物は気持ちが悪い。自分の体温と違うからこそ、人は心地よいと感じるのではないか?少なくとも私はそうだ。

人の寝息というものも、気になって眠るには都合が悪い。それに、途切れると、死んでしまったのかと恐ろしくなってしまうので、せっかく眠ることで疲れやストレスを解消しようとしているのに、逆効果になってしまう。

だが、どれだけ他人と眠るのを拒んでいても、部屋の構造上やむを得ないこともある。

そんな時の解決策は一つしかない。

一緒に寝る人間とは反対向きに、つまり互いに相手の顔の横に足先がくる体勢になるのだ。そうすれば、同じ方向を向いて眠るよりもお互いが気にならないし、息の音や臭いも気にならない。髪の毛を洗っていなくても大丈夫だ。

だが、そうする際には足だけは綺麗に洗っておかなくてはならない。そして、水虫の人間や寝相の悪い人間とこの方法で眠ることだけは、絶対によしておいたほうがいい。

7 comments:

  1. 杏里さんらしい、と思いましたわ。

    うちに猫がいるのですが、「暖をとる」意味では
    無くいつもわたしのすぐ近くで寝ています。
    (昼間は別のところで寝ているのに、夜はわざわざ
    ベッドに来ます)
    他者の存在に安心するのでしょうね、きっと。

    杏里さんは自己存在が他者の承認を得なくても確立
    している希有なタイプなのではないですか?

    ReplyDelete
  2. 他人と一緒に眠るということは、自分が他者に存在を
    肯定されている、信頼されている、愛されているということを
    確認する行為だと思いますが、杏里さんは「感覚的」にそういったことが

    全く理解出来ない感じでしょうか?

    杏里さんの読書対象的に人の関係性を深く観察した本は
    多そうですが、なんというかどう読み取っているのかなと。

    皮肉とかではなく、自分も似たようなところがあるので
    気になりました。

    ReplyDelete
  3. 確かに、誰にも気兼ねなく、ゆっくり眠りたい。
    いびきとうるさかったら、最悪だしね。

    ReplyDelete
  4. 自分はいびきとか全然気になりません
    眠りに関してはどんな状況でも寝れます
    ある意味幸せですね

    ReplyDelete
  5. 本格的な登山をする場合、テントでは、鈴木さんのおっしゃるように、互い違いに寝ます。
    人間は上半身よりも、下半身の方が狭いのが常なので、そのほうが狭い場所に大勢で寝らます。
    他人の寝息が聞こえたり、顔にかかったりするのは、不快ですしね。ただし、時として、時として他人に蹴飛ばされることが……。足の匂いも気になります。
    大型のダブルベッドでない限り、ふたり並んで寝るのは難しいでしょう。
    シングルベッドにふたりで寝る羽目になったら、わたしなら、床で寝ますわな。
    相手が鈴木さんなら一緒に寝たい気もするが、きっと蹴飛ばされて、床で寝ることになるでしょう。互い違いというのも、それはそれで楽しそうだが……。

    ReplyDelete
  6. どうなんでしょう??

    寒い季節というのは、人肌に触れ合って寂しさを紛らわしたいってことじゃないでしょうか(笑)

    まぐあいたいと思う健全な欲望だと思いますが?


    杏里さんって、欲情感が全くないんで、
    杏里さんのご職業を考えると面白いなと思うんですが(苦笑)

    ReplyDelete