Tuesday, September 28, 2010

パリパリ



たった三日半しかパリにいられないなんて、いくらなんでも短すぎた。

想像していたよりも、ずっと親しみやすい街だったものだから、当然私は帰りたくなくなった。

とにかく不完全燃焼の旅だった。今回は一人旅ではなかったから、実質二日くらいしか見たいところを見ていない計算になる。たった二日じゃなんにもできない。やり残したことが多すぎる。

これはもうまた行くしかない。

パリは一大観光都市だった。街全体がテーマパークだと言っていい。どこにいても、何をしていても、見所にぶつかるんだから大したものだ。

行く前は不安だった。パリの人は冷たいと聞いていたからだ。何もしていないのに怒っている。急に機嫌が悪くなる。あいさつをしても無視される。英語がわかるのにフランス語しか話してくれない。

あの街に行った人に話を聞くと、半数くらいはこんなことを言っていた。

いらいらしやすい私だから、向こうで極度のストレスを感じたらどうしようと思っていた。見知らぬ外人に怒りをぶつけて、面倒なことになったら困る。

しかしそんな心配はするだけ無駄なことだった。

パリの人は嘘みたいに優しかった。

販売員もカフェの従業員も、タクシーの運転手も、みんながみんな揃っていい人だった。

道を尋ねた見ず知らずの人も、すれ違った道路掃除のおっさんも、思わず心がなごむような笑顔を見せてくれた。

英語圏だったけ?と尋ねたくなるくらい、当たり前に英語が通じたし、会う人会う人不景気
を感じさせない機嫌の良さだった。日本とは違って、ぶつかりそうになったらちゃんと謝ってくれるし、ブティックで試着だけして買わなくても、しらっとした態度を見せる店員は一人もいなかった。


さすが世界的に有名な観光地なだけある、と感心してしまった。そこで働いている人は、どんな職業の人だろうと、観光客のおかげで今の生活があると思っているのだろうか。なんて謙虚な人たちなんだろう。

だけど、これまで行った他の観光地のようにぼったくってやろうという魂胆はみられなかったし、笑顔もわざとらしくなかった。

聞いていた話とは全然違っていた。だが、確かに何十人もの人に聞いたのだ。パリの人は感じが悪いと。

私も友人もまったく理解できなかった。なにをどうしたらあの人たちがそんなに悪い態度を取ってくるのだろう?

感じが悪いと言っていた人たちは、いったいパリでどんな行動をしたというのだ?

国旗を侮辱するTシャツでも着て歩いたか?一ヶ月くらいシャワーを浴びないで行ったのか?口汚い言葉で喋ったのか?常に中指を立てて歩いていたのか?公衆の面前で唾を吐いたり、商品に鼻くそをつけでもしたのか?

あっちの人たちは感じが悪いよ、と言っていた日本人は、ごく普通の人たちだった。そんな突飛な行動に出るとは思えないのだが。

もしかすると、私が行っていたのは本当はパリではないのだろうか?

「長崎オランダ村」みたいなものだったのではなかろうか?

だとすれば、あの全体に漂うテーマパークっぽさの説明もつく。

だが私は確かに飛行機に乗った。パスポートも見せた。ならば、あのパリのような場所は一応外国ということになる。

だったらまだいい。

もしもあれが本当は国内だったなら、いくらいい人揃いのパリ(らしき場所)の人たちが相手でも、私は怒り狂ったことだろう。

そういえば、今思い出したのだが、あっちでも一人、生爪をはがしてやりたくなるほど感じの悪い人に会った。

すごく意外な人だった。

冗談みたいな話だが、その人はラーメン屋の日本人店員だったのだ。

やっぱり、私はパリにかつがれているとしか思えない。








5 comments:

  1. とても写真がお上手ですが、あなたが写っていると言うことはお上手なのは、ベトナムでひどい目にあったお友達なのでしょうか?

    ReplyDelete
  2. 写真で感じたこと。
    ニャロメ袋の持ち主のアップあれば見たいです。
    それからピースサインに色気を感じてしまってごめんなさい。
    全体に上からのアングルが多いのですが、下、真横、超接写も撮ると面白い発見があるかも知れませんね。

    ReplyDelete
  3. 美人には、どの国の人も優しいのでは。

    ReplyDelete
  4. 初めまして、A69Kともうします。
    先日私もパリへ行きました。
    そこには圧倒的な歴史があり、今の日本ではなかなか感じることの出来ない”本物”が在りました。
    私もあなたと同じで行くまではパリ人は冷たい人々だと思っていました。
    しかし、全く違いました。彼らは紳士的で熟年層のマダムは皆淑女でした。
    基本的なことですが、目を見、挨拶をし、ごく基本的な短時間のコミュニケーションからも、彼らが素敵な人物であると思わせるものがありました。
    常に異文化と接し、侵略を受ける危険がある国の人々は皆、非常に礼儀正しいと思います。
    私も日本の街で生活していると、常にストレスが溜り、怒りを覚えます。
    文化的観点から見れば、それは仕方のないことかもしれませんが、なかなか受け入れることは出来ません。
    パリのような、本物に囲まれて生きると云うことは、”何ものか”に対して、敬意と尊敬の念を自然に持つことができるのだろう、と思いました。
    私もまたパリへ行こうと思っています。
    人と人の距離感が、精神的にも物理的にも私には楽なのです。

    長文駄文で失礼致しました。

    ありがとうございます。


    A69K

    ReplyDelete