Monday, September 6, 2010

頭にくるなあ




幸運なことに、私はこれまでの人生で面と向かって酷いことを言われとはほとんどなかった。

極端にノリが悪く、全体的に気軽なところがないからだと思う。ノリがよくて、気軽な感じのする人を見ていると、しょっちゅうとんでもないことを言われているが、よく耐えられるなあ、といつも思っていた。

それほど嫌でないからかもしれない。そういう人はたいてい、私から見れば随分なことを言わながらも、楽しそうな態度を見せるのだ。感心を持たれていることが嬉しいのかもしれない。人気者なんて、案外そんなものかもしれない。

人気のない私は、特に好かれることも、嫌われることも、つまり感心を持たれることがそんなにない。それが心地よいのだ。なるべく地味でいるのって楽しいもの。

できるならいつまでも、酷いこともいいことも言われずに生きていきたかった。

だが、ついに数日前、面と向かって心底頭にくることを言われた。

最初は何が起きたかうまく飲み込めなかった。やがて、「この人はいったい何を言っているんだろう?」という疑問が頭にわいてきた。怒りがやってくる前に私は席を立ち、トイレに行くふりをしてイヴを貰いに行った。あの薬には微量の精神安定剤が含まれていると聞いたことを思い出したからだ。

やっぱりソラナックスを常備しなくてはだめだと思いながら、イヴを八錠ばかり飲み込み、何事も無かったかのようにさっき居た場所に戻った。

頭にくることを言った張本人は何も気がついていなかった。私は乖離状態に自分を持って行き、なんとか残りの時間をやり過ごした。

イヴはあまり役に立たなかった。怒りは何の障害もなくやってきた。そして、長い間続いた。後になって私は、汚い言葉で人に愚痴った。あんなに怒ったのは何年ぶりだったろうか?

大したことを言われたわけではない。言ったほうに悪気がないこともわかっている。私以外には誰もあんなに怒ったりはしないだろう。まったく気にしない人のほうが多いかもしれない。

それでも、どうしても許せなかった。憎き物体の口から出た一言は、笑いのツボならぬ、私の怒りのつぼにはまったのだ。

事件発生後、しばらくの間、彼の(憎き物体は男だった)死に様を考えることで怒りをしずめようした。

この世のものとは思えない、醜い化け物に彼が襲われている様子を想像した。醜い化け物は、彼の死体を食べようとするが、あまりの不味さに戻してしまう。

私はその様子を、生前彼が好感を持っていた人たちと一緒に、げらげら笑いながら見物しているのだ。

我ながら趣味の悪い考えだ。しかしこうするより他に方法はなかった。事件があったのは夜中だったから、食欲や物欲を満たすことで気を紛らわせるわけにもいかなかったのだ。

あの、最悪の出来事のために、私は怒りっぽい人間になってしまったようだ。

他人の言動がいちいち癇にさわる。

とくに、今時の若者らしい風貌の人がよく使う「〜的な」という言葉には、やたらと敏感に反応してしまう。

本当に嫌だ。怒ってばかりの人生って、そうでない人生の何倍も疲れるのだもの。








9 comments:

  1. 杏里さん、おっは~!
    ちょっとした言葉でも、タイミングとかによって
    とても頭にきてしまうことがありますね。
    怒ってる杏里さんの顔ってのも見てみたいかも。(笑)
    でも、薬飲んで我慢するのもほどほどに気をつけてくださいね。

    ReplyDelete
  2. 怒りのツボって、確かにありますよ。
    それは言葉で他人に説明しても、あんまり理解されなかったり。

    でも「あー杏里さんなんて言われたんだろう?」と凄く気になります。

    ReplyDelete
  3. 生きてる限り人間は"喜怒哀楽"と共存せねばなりませんが、
    出来ることなら”怒哀”とは、無縁でいたいですね。
    ただ、人を呪わば穴二つ。
    ま、そこまで人間が出来てない私が言うのもなんですが・・・

    ReplyDelete
  4. 僕も全く似たような経験があるのでわかります。
    職場の上司に言われた一言でした。
    こんな怒りを生むシステムが自分の中にあるのだということにすごく驚いたのを覚えています。
    僕の場合は、簡単に言えば「理不尽な失礼さ」に対しての怒りでした。
    僕は職場の一番偉い人にその上司を辞めさせるよう要請するメールの下書きを書き終わったくらいに怒りが沸点より下になった感じでした。

    僕が初めて他者に対して本気で怒ったとき、今まで眠っていた怒りのシステムが起動してしまったのか、怒りのシステムへの回路が開かれてしまったのかわかりませんが、しばらくの間とても感情制御が難しくなった時期がありました。
    自分が今までとは違う人間になってしまったような恐怖もありました。
    杏里さんも今似たような状態なのですね。

    でもしばらくすると直りますよ。
    その人が嫌いなのは直りませんでしたけど。

    下から3枚目の写真の表情いいですね。

    ReplyDelete
  5. ごめんなさい、すいません!!ゆるしてくださいっ><代わりに謝まるから機嫌直してー

    ReplyDelete
  6. はじめまして。

    上から4番目の写真は、築○の有名なお店(喫茶店)のランチですよね?

    自分もそこのランチ食べたことあります。

    ReplyDelete
  7. 下心も、お世辞もなく、、、、
    美しい方ですね、本当に。。。

    ReplyDelete
  8. う~ん今日も相変わらず可愛いです。
    しかし、イブ8錠一気はいけません。
    薬物依存の始まりです。余計なことですが・・・
    ちなみに杏里さんの嫌いな喫煙者はニコチン中毒症という立派な薬物中毒です。

    ReplyDelete