Sunday, August 29, 2010

チャイニーズ・レストラン・シンドロームではなく




上海最終日に襲われた激しい下痢と腹痛、それに伴う吐き気、目眩、頭痛などの症状から、帰国後十日を過ぎた今、やっと解放された。

ものすごく汚い店で小龍包を食べて、約半日後の腹痛だったので、初めは食中毒だと思った。

しかし、食中毒というには症状は軽く、二日目に頭痛と喉の痛み、軽い発熱などがやってきたことから、これが噂のチャイニーズ・レストラン・シンドロームかと思った。

帰国した日などは体中がかゆくてのたうち回ったし、絶対それに間違いないだろうと考えていたが、にしては長く続きすぎた。

一週間経って、さすがに病院に行こうと思ったけれど、旅行後にこんな症状を訴えたら隔離されるに決まっている!と思い、家で安静にしている道を選んだ。こういうやつが病原菌をあちこちにまき散らすんだろうな。

結局何が原因だったんだろう?汚い小龍包店で、大量の小龍包と一緒に得体の知れない菌を食べてしまったのだろうか?

あれだけ汚い店だったのだから、いろいろなものがうようよしていたに違いない。

台ふきんがもう、この世のものとは思えない、恐ろしい代物だった。

元の色は白っぽかったんだろうが、黄ぐすみを通り越して、さらには茶色をも通り越して、ほぼオレンジ色といっていい台ふきんだったもの。

食べかすも台の汚れも埃も何もかも、同じ台ふきんで拭き取って、しかもそれは洗われることも、水につけられることすらなく空のバケツのようなものに掛けられ、次に席を立った人間が汚したテーブルを拭くまでの極めて短い時間、そこで待機することになるのだ。

ものすごい人気店のようだし、いちいち洗っている暇もないのかもしれないが、あれだけ儲かっていそうな店なのだから、何か他に対処法がありそうなものだ。

まあ、地元の人の腹には問題ないのかもしれないが、観光客のやわな腹にはばっちりこたえた。

あの台ふきんが今回の災難の原因の一つだったということは、ほぼ確実なことに思えるが、しかしよくよく考えてみると、そうやらそれだけではなさそうなのだ。

ここからちょっと汚い話になります。

思い起こせば、中華料理を食べた翌日、私はいつだって異様にお通じがよかった。出てくるものの色がやけに鮮やかで、水分を多く含み、匂いもいつもと違っていた。

これは、中華料理以外他のどんな料理を食べても起こらないことだった。

きっと漢方やなんかの影響で、代謝がよくなっているのだと思っていた。いわゆるデトックス効果があるのだと思っていた。喜ぶべきことだと思っていた。

もしそうでなかったとしたら?

お通じがよくなったわけではなくて、単に軽い下痢をしていただけだとしたら?

しかもほかの人は私のようにはならないらしい。中華料理を食べた翌日の便は、いつもと変わらないのだと口を揃える。

そして、私の不思議な症状を打ち明けると、だいたいの人がこんな風に言う。

中華料理が体に合っていなんんだろうね。

それだけは考えたくなかった。認めてしまったらおしまいだと思っていた。

中華料理が好きだった。あれのない人生なんて味気なくって、とてもじゃないけれどやっていられない。

しかし今回の騒動を経て、私の体は中華料理を受け付けなくなってしまった。

麻婆豆腐の匂いがしただけでも、胃の奥からすっぱいものがこみ上げてくるようだった。

ラーメン屋ですら以前とは違う目で見るようになってしまった。

向こうで買ってきた食品はゴミ箱行きだ。もったいないけれど仕方が無い。

一週間以上下痢をしているなんて一見ばかみたいだが、実際体験してみると思いのほか辛いものなのだ。

日本ではいろいろと食べるものがあるからいいとして、年内には行こうと思っているロンドンではどうしたらいいのだろう。

あちらで美味しいものといえば、中華料理かインド料理くらいだと言うではないか。

6 comments:

  1. 塩と油
    数年間、外食せずにすごして
    ラーメン餃子を食ったら速攻で下しました
    濃厚な塩と酸化した油は強敵です

    インドは大丈夫
    だといいですね

    ReplyDelete
  2. ネットで調べた結果
    杏里さんと同じように中華料理でお腹の調子がおかしくなる人がいるようです。
    原因は多めの油を使うことにもあるかもせんが、一番の原因は大量の化学調味料を使うことにあるようです。
    得に安い中華料理店では質の悪い化学調味料を大量に入れます。

    おそらく安い化学調味料は消化のことまで考えて作られていないんでしょうね。味さえ良ければ、といった感じなんでしょうか。
    化学調味料は美味しい味のする毒と書いているサイトもあるくらいですから、少し警戒しておいてもいいと思います。
    僕も気をつけることにします

    ReplyDelete
  3. わたしはすし屋に行くと翌朝下痢します。でも喰います。
    確かに油が合わないってこともあるかも知れませんね。
    医者に行ったら疑問が解決されたかも知れないのに!

    ロンドンは、サンドウィッチは美味いですよ。
    パブ飯の美味いところを知っているといいかも。
    拷問のような味のフィッシュ&チップスも、腹を満たす目的は果たせる。

    ReplyDelete
  4. ま、店が汚くてもなんとも思わない人の作る料理なんてそんなもの。
    古くても、狭くてもボロくても清掃が行き渡ってる店の料理は皿の上に真心を乗っけている。

    ReplyDelete
  5. 半日後に腹痛、下痢、めまい、頭痛、発症までの時間がすくないので、黄色区ブドウ球菌かセレウス菌による食中毒でほぼ間違い無いです。
    重篤にならないで良かったですね。

    ReplyDelete