Friday, May 7, 2010

シンガポール日記  






楽しかった!シンガポール!

「何もないからつまらないよ」と、何十人もの人に言われていたものだから、退屈を覚悟して旅立った。だから尚更この楽しさは衝撃的だった。

治安はいいし、食べ物はまあまあだし、日が沈んでも暖かいし、臭くないし、トイレにちゃんと紙があるし、ぼったくられないし、物価は安いし、言うことなしの国だった。

つまらないと言っていた人は何がつまらなかったのだろうか。まあ、煙草を吸う人には辛いだろうし、大人の男性が楽しめるいかがわしいスポットは目につくところにはなかったので、そのことも関係あって、つまらないと思う人も少なくないのだろう。

そうなのだ。いかがわしさが排除された観光地。これは珍しい。

きれいだ、きれいだ、と聞いていたシンガポール。ガムは禁止、ごみを捨てたら罰金、ちり一つ落ちていない道路。街全体がまるでテーマパークかのようだと。

そんなことから、SF小説に出てくるみたいな、完全な管理化社会を想像していた。

ものすごくきれいだが、待ち行く人たちは決して不幸そうではないのだが、退屈な人形のようで、規則にがんじがらめでいることに不満さえ抱けなくて――

もろに好みの世界だ。ものすご〜く楽しそう。すごくすごくうさん臭そう。

楽しい旅行だったが、そんな期待はことごとく裏切られた。それだけは残念だった。

いや、確かに街はきれいだ。ごみ箱は多いし、クロレッツのタブレットが売っていたし、むろん、ごみなんか落ちていない。

しかし、ハワイやハリウッドなどの他の観光地や、東京の銀座だとか台場だとか青山だとかそういった街と比較してみてそこまできれいかと言われたら、そんなこともない。

きれいではあるが、目立って潔癖なほどでもなかった。ごくふつうにきれいな街というだけで。

が、いかがわしさの面から言えば、他の観光地とは決定的に違っていた。

特に暖かい観光地には、必ずといっていいほど、いかがわしい土産物がある。男性器を象った置物やキーホルダー。ヌード写真つきのトランプやボールペン。それからエッチなポスターが、チラシがある。エロ本やDVDが売っている。

シンガポールにはそれらがない。裏ではあるのかもしれないが、大っぴらにはない。

バーやクラブが密集したナイトスポットもあるが、そこにはストリップクラブなどはない。

街のどこで子どもを歩かせても、健全な成長にこれといった悪影響はなさそうだ。

シンガポールで見た一番刺激的なものといったら、ちょっとセクシーな下着の売っているランジェリーショップくらいで、そういったものへの感覚が、なんだか麻痺してしまいそうな国だった(とはいっても、街行く人が極端に露出を控えてるかといえばそんなこともない。日本人のほうがよっぽど露出度は低い)。

麻痺した感覚では、帰りの飛行機で上映されていた『NINE』がやたらと刺激的に思えた。

豪華女優陣の共演が話題の映画で、華やかなものが好きで、ミュージカルはもっと好きな私としては、ぜひともチェックしておきたい作品だった。だからやっていてラッキーだった。

ストーリーよりも、見どころはずばり躍動する女体だ。

名作か、と言われたら答えにくいが、成熟した、色っぽいお姉ちゃんを見るのが嫌いでない人なら、観て損をしたとは思わないだろう。

個人的には、ケイト・ハドソンの芸達者ぶりに拍手を送りたい。歌も踊りも本格的で、登場シーンが少ないのが残念に思えた。

いつのまにか映画の話になってしまったが、とりあえず、シンガポール日記、第一回目はこんなところで。

載せられなかった写真もまだまだあるので、第二弾でもう少しおつきあい願いたい。

















9 comments:

  1. 杏里さん おかえり
    GW旅行を満喫できてよかったですね
    また更新楽しみにしてます

    ReplyDelete
  2. 杏里さん、おっは~&お帰りなさい。
    シンガポール旅行を楽しめたようですね。
    自分も、かなり昔に行ったことありますが、
    インド人街にアラブ人街、中華街と・・・
    食べ物も美味しかった記憶がありますが、
    なんで皆さんはつまらないと言うのでしょうね?
    それから、素敵な画像も有難うございます。
    続きもあるようで楽しみです。
    あっ、強いて言えば・・・
    JLよりSQの飛行機で行った方が、
    もっと雰囲気あってよかったかもですね。

    ReplyDelete
  3. シンガポールってなんとなく暖かそうってイメージしかなかったけど、こうやって一人でも旅行した人の写真と感想を見るだけで大分イメージがわいてきました。
    ご飯まずくないのはいいですね。
    どんな料理なんですか?
    アメリカのは何食べても全くおいしくなかった記憶がある。

    真ん中より少し上にある真っ白な建物がすごく綺麗だけど何の建物だろう。

    杏里さんの文読む限り、特定の何かを楽しんだと言うよりは国の雰囲気みたいなのを楽しんだ感じですね。
    モノクロの写真の、疲れたけど楽しかったって感じの杏里さんの表情が好き。

    ReplyDelete
  4. 助平な話題ですみませんが、プールサイドの写真で久々に杏里さんの肌を見た気がする。仕事としていいのか悪いのか。

    ReplyDelete
  5. 鈴木さんの握手会、サイン会などの

    イベント情報知りたいです。

    いつもブログ見ると終わっちゃってたりするので。。。

    是非告知お願いします。

    ReplyDelete
  6. 初めてブログ拝見させていただきましたが、結構パワーを注ぎ込まれていらっしゃいますね。これからもチョクチョクお邪魔させていただきます。ついでに読者登録もしてしまいました。すみません。

    ReplyDelete
  7. 中国関係のでたらめ記事で名前を知りここにたどりつきました。私は現在シンガポールに在住の女子です。先月?こちらに来たんですね。私はロングバーにはまだ行ったことが無く、フラトンも外側から見ただけ。重い腰をあげてそろそろ行ってみようかなと思えたブログでした。
    皆がいうようにシンガポールには何もないです。東京のような不幸せな停滞した空気もここには無いです。そこがいいのかな。

    ReplyDelete