Friday, April 30, 2010

またツイッターで言えばいいようなことだが

Foto:




 いやはや、これは一体……。
いや、もちろん偽物ではないと思うが。売るのかなあ、これ……。
あかんべえしている油揚げに見える。


これを売っていたら、パリの外観がどうこうなんて言っていられないんじゃないか?
七万円くらいなら欲しいけれど。



5 comments:

  1. お洒落じゃないですか。普通に。 お洒落の「洒」は「酒」じゃない。

    ReplyDelete
  2. 初コメントです。
    「おフランス」のはなしですが、フランスではルーブル美術館にも行かれるんですか?去年、上野公園の国立西洋美術館でルーブル展があって見に行ったんですが良かったですよ!興味があったら訪れてみては如何でしょうか。

    ReplyDelete
  3. ものすごくベタだけど、ルーブル美術館とオルセー美術館は行きましょう!
    ルーブルはまず建物に圧倒されます
    今から杏里さんの写真楽しみ!

    これは最重要事項なんですけど、杏里さんみたいに芸術作品が好きな人にはルーブル美術館を一日で回りきるのは不可能です。ただすべての作品を確認するだけでもそうとう時間かかりますね。
    それが鑑賞ということになったら、きっとひとつの絵や像で何分も何十分も立ち止まることもあるでしょう。好きな人は一週間ルーブル漬けでも満足できるくらいなので、多めに時間とったほうがいいです。
    ダヴィンチコード読んでからいくとさらに楽しめるかも

    あとオペラ座(俺は中は入らなかったけど)
    駅名がオペラじゃなくて「オヘハァ」って聞こえます
    言葉はわからないけど宝塚が好きなら本オペラも楽しめるかも

    あとノートルダム寺院もけっこういいですが、黒人の変な集団に絡まれないように気をつけてください
    お金取られます

    杏里さんならパリでもモテモテ間違いなしですが、変なのには絡まれないように気をつけてくださいね

    ReplyDelete
  4. かなり前の村上隆製の美豚を彷彿とさせる感じ。
    でもこちらはカワイイというより、圧倒的にえげつない。
    たしかにCHANNEL製で、ビニール地でも全く問題なさそうなところが更に嫌味。
    勇気があるなら買ってみな的な挑発的ないやらしさ。
    この紙一重な感じは流石、ある朝突如ジーンズを履きたくなって40kg痩せてみたと豪語する変態ラガーフェルド翁。
    おフランスの懐の深さを感じます。

    ReplyDelete