Saturday, March 27, 2010

岡本太郎記念館


今日は本当に写真ばっかりです。もっと写真満載のブログにしようというのが今年の抱負なもので。
私が他に書いている文章だけのものと、差別化をはかりたいのだ。

そして、写真満載ブログにするために、とりあえず岡本太郎記念館に行ってきた。
前知識を一切仕入れないまま観に行ったので、よくわからないといえばよくわからなかった。

だが、岡本太郎さんがどれだけ個性的な人間なのはか、夢に出てきそうなほどよくわかった。

ほらね。こんな風に服を着こなす人が個性的でないのなら、いったい他にどういう人を個性的だと言えばいいのだろう。


この写真はちょっと超能力者っぽい。そういえばユリ・ゲラーって今は何をやっているんだろう?
ご本人の蝋人形なんかもある。気のせいかこれは政治家のようだ。

記念館には絵から写真、オブジェまで、実にいろいろな作品が展示されてあった。一緒に行った人は、オブジェの一部がエヴァンゲリオンに出てきそうだと言っていた。私はエヴァンゲリオンに詳しくないため(残念ながら絵柄の好みの問題で)、関係ないもの同士が似ていることを発見したときの、あの全身に力がみなぎり、空までだってジャンプできそうな激しい興奮を、その件に関しては味わえなかったので、非常に残念な気持ちになった。

だが、小さい興奮なら味わえた。エヴァンゲリオン以外にも似ているものがあったのだ。

宮崎アニメに出てくる脇役、そしてぷよぷよだ。

これはもうぷよぷよにしか見えない。それも悪いぷよぷよだ。

そうそう、これらの絵はわりと有名かもしれない。




私でも知っていた。だが、もっと有名なはずのオブジェというか彫刻を、情けないことに私は太陽の塔しか知らなかった。

やはり多少は勉強してから美術館なり何なりに行ったほうが、どちらかといえば得をするように思う。

庭も楽しかった。
自分の家の庭だったら落ち着かなくて困るが、こうやってときどき見物するのなら、すこぶる楽しい庭だ。
このように恐ろしい注意書きもあったけれども……。
そしてこれがアトリエ。写っていないが、二階もあって、そこには巨大な本棚がある。見ているとでんぐりがえししたくなるほどの、膨大な数だった。

それから、メッセージを自由に書きこめるノートがあったので、私も書いたり描いたりしてみた。
この新聞の切り抜きのものをもう少し擬人化して描いてみたのだが、まったくといっていいほど似ていない。   



まあいいさ。紙があったら何かを描きたくなるのは人間の本能さ。

とにもかくにも、岡本太郎記念館、地味めだけれどなかなか楽しむことができたようだ。

このところ美術巡りに凝っているので、昨日は六本木アートナイトにも行ってきた。

それについては後々。


それから、今日の池袋アミーゴ撮影会に参加される方、どうぞよろしくお願い致します。






10 comments:

  1. 杏里さんの絵個性的でいいね
    写真では前言ってたように太ってないですね
    やせたのですか?
    杏里さんのブログは楽しいですね
    ツイッターも^^

    ReplyDelete
  2. 最近、彼氏でもできたんですかぁ♪

    ReplyDelete
  3. 黒い爪あかがある人と芸術家。同じくで、相関あるね。
    オレなんか『たけしが昔真似してた』岡本太郎でINPUTしてそのままだから。
     その年で知ってるだけでビックリしたね。

     あーあ、一日中寝まくっていたい日もある・。

    ReplyDelete
  4. 杏里さん、こんばんみ~。
    岡本太郎さんといえば・・・
    昨日のニュースで見ましたが、
    大阪万博の40周年記念とかで、
    太陽の塔の目に電気を付けるってやってました。
    それと・・・もう一つ岡本さんといえば、
    「グラスの底に顔があってもいいじゃなか。」ってCM、
    杏里さんでもさすがに知らないでしょうね?

    ReplyDelete
  5. 彼に対しての知識がないからだろうか
    ハッキリ言って彼の作品を良いと思ったことがないなぁ
    というよりも少し嫌悪感
    自分の家には置きたくないっす
    やたらエネルギッシュな恋人がいつも家にいるみたいで、、、

    でも、嫌悪感とかってのも人の感情なのよね
    自分が何故不快感を受けるかとか考え出したら、
    こんな作品たちとも向き合えるかもしれない

    ReplyDelete
  6. ユリ・ゲラー、今も「うまくやっている」みたいですよ。
    「ビジネスマン」としてだと思いますが。
    http://site.uri-geller.com/

    ReplyDelete
  7. 南青山でしたっけ、前に見に行ったことあります。

    彼のデザインは縄文土器のデザインからヒントを得てる、みたいなことを「知ってるつもり!?」って昔の番組でやっていましたよ。

    あと前のブログ記事のYシャツの話ですが、単に女性に薄着でいてもらうっていうことが一番なんじゃないですか。
    ちょうど上下の下着を隠すくらいの大きさで、清潔感があって、何か下着の延長って気もしますし、男ものっていうギャップがあって、ズボンをはくわけでもない不完全な着こなしで、脚とか、腕まくりしてたら手とかをアピールしてくる、そういった男目線の服装だと思いますよ。

    でも杏里さんは似合いそう、嫌でも逆に杏里さんの女っぽさが出ていそうです。

    ReplyDelete
  8. 一番上の掌に目玉が描かれている写真、これと似ているのをパンズ・ラビリンスで見ました。

    ReplyDelete
  9. おお!
    最初の写真がパンズラビリンスみたいだ(笑)

    岡本太郎は結構好き。
    万博マニアだからね(笑)
    太陽の塔は遺跡みたいだよ。

    ReplyDelete