Thursday, March 11, 2010

気持ち悪いポーズ


昔から私は気持ち悪いポーズを取るのが得意だ。

一枚目の写真のように、脚の内側に手を入れて、そのまま腕の力で体重を支えるポーズは小学生の頃からの定番だ。

こうやってマスクをつけながらすると、気持ち悪さが倍増し、「夢に出そう」、「頼むからやめてくれ」と言われるレベルまで自分を高めることができる。

最近ではゾンビの真似に凝っているものだから、『サンゲリア』などを見て研究している。今はまだ犬に吠えられる程度だが、磨きようによったら子どもを泣かせられる域に達するのも不可能ではないかもしれない。頑張ろう。きっとうまくいく。私は演技派ではないけれど、お化けの真似だけはたいていの人には負けない自信があるのだから。学園祭のお化け屋敷でお化けの役をやって、下級生(小学生)を何人も泣かせたという輝かしい記録の保持者なのだから。

さあてと。もう少し練習に励むかな。

1 comment: